ベンキューのホームシアター用DLPプロジェクター「HT3550」は、4K/HDR対応の高画質で、コンパクトボディと短焦点設計により、狭いスペースでも使用できる。独自の色再現技術「CinematicColor」によって、正確な色を再現できる。

ベンキュー
HT3550

映画の色を忠実に再現できる短焦点設計の4Kプロジェクター

ベンキュージャパンは、ホームシアター用DLPプロジェクターの新製品として、4K/HDR対応の高画質機「HT3550」を発売する。コンパクトボディと短焦点設計により、狭めのスペースでも使用できるのが特徴。

●発売日:4月19日
●予想実売価格:19万8000円程度

画像: 映画の色を忠実に再現できる短焦点設計の4Kプロジェクター

60型相当なら最短1.48メートル、100型相当でも最短2.5メートルからの投映が可能だ。また、独自の色再現技術「CinematicColor」によって、DCI-P3(※)カバー率95%を実現。映画監督が意図していたとおりの正確な色を再現できる。
※DCI-P3は、米の映画業界が定めたデジタルシネマ規格。映画用カラーフィルムの色域に対応している。
輝度は2000ルーメンで、コントラスト比は3万対1。HDRは、HDR10とHLGの両方に対応。

問い合わせ先:ベンキュージャパン ⇒http://www.benq.co.jp

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.