スマホ決済はコード決済とFeliCaを利用した非接触決済の2つに分かれる。この記事では、FeliCa決済の中から現時点においてユーザーや対応店舗数の多いサービスをピックアップ。ここではiD、QUICPay、Suica、WAON、nanacoの5つのサービスの特徴を解説していこう。

FeliCa決済①
iD

●運営会社:NTTドコモ
●決済方法:FeliCa
●公式URL:https://id-credit.com/index.html

FeliCa上で提供されるクレジット決済サービスのブランドで、運営元はドコモ。おサイフケータイを推進するためのサービスとして生まれ、スマホにも受け継がれている。早くから加盟店を開拓してきたこともあり、利用可能な店舗数は約90万と多い。Androidはもちろん、iPhoneでもApple PayとしてiDを利用できる。

画像: FeliCa決済① iD

評価

幅広い店舗で使えてタッチするだけと簡単なドコモのサービス

汎用性★★★★★
利便性★★★★
お得度★★★☆☆

決済可能な場所が多い。ただし、プリペイド型として登録できるカードの種類は限られる。

FeliCa決済②
QUICPay

●運営会社:JCB
●決済方法:FeliCa
●公式URL:https://www.quicpay.jp/

画像: FeliCa決済② QUICPay

iDと同じ、FeliCa上で展開されるクレジット決済ブランドだが、こちらは運営元がJCB。2万円未満までしか支払いができないQUICPayと、2万円以上に対応したQUICPay+の二つが存在する。利用可能な場所は80万カ所を超え、iDに迫る。LINE Payやじぶん銀行スマホデビットなど、プリペイドカード的なサービスも充実。

評価

JCBが運営するFeliCa決済サービス。加盟店も拡大中

汎用性★★★★★
利便性★★★★
お得度★★★☆☆

加盟店数はiDにリードを許すが、LINE Payなどの最新サービスと連係している。

FeliCa決済③
Suica

●運営会社:JR東日本
●決済方法:FeliCa
●公式URL:https://www.jreast.co.jp/suica/

JR東日本が鉄道の支払い手段として導入したSuicaだが、今では街中の店舗での決済にも利用できる。他のJR地域会社が発行するICカードとも互換性があるため、全国区で使えるのも強み。残高をチップ側に記録しておくので、決済が高速。電車やバスなどに乗れるのはこのサービスだけで、一つは持っておきたいが、店舗数は50万とやや少なめ。

画像: FeliCa決済③ Suica

評価

交通機関で使うならこれ。街中で使えるシーンも増え、チャージ方法も多彩

汎用性★★★★
利便性★★★★
お得度★★★☆☆

スマホなら、JR東日本エリア以外でも発行可能。券売機で現金チャージできるなど、利便性も高い。

FeliCa決済④
WAON

●運営会社:イオンリテール
●決済方法:FeliCa
●公式URL:https://www.waon.net/

画像: FeliCa決済④ WAON

評価

イオン系列の店舗でお得に使える。コンビニやドラッグストアなど対応店舗多数

イオングループの電子マネーとして誕生した経緯があるため、系列の店舗ではもれなく利用できる。お客様感謝デーでは、5%オフになるなど、お得さも際立っている。電子マネーとして加盟店も積極的に開拓しており、コンビニやドラッグストアなど、対応している店舗も多い。'19年3月時点では46万カ所で利用可能。スマホでは、Androidのみが対応。

汎用性★★★☆☆
利便性★★★★
お得度★★★★

FeliCa決済⑤
nanaco

●運営会社:セブン・カードサービス
●決済方式:FeliCa
●公式URL:https://www.nanaco-net.jp/index.html

セブン&アイグループの電子マネーで、コンビニはセブンイレブンなどの系列店舗しか対応していないが、100円につき1ポイントと還元率が高い。ただし、7月1日からは200円で1ポイントに。コンビニ以外では、飲食店やドラッグストアなど、幅広い店舗が対応しており、加盟店の数も40万を超える。スマホ決済は、Androidのみの対応。

画像: FeliCa決済⑤ nanaco

評価

セブン&アイグループでお得に使えるが、スマホ決済はAndroidのみ

汎用性★★★☆☆
利便性★★★★
お得度★★★☆☆

セブン&アイグループでの還元率低下は残念だが、対応店舗は多い。キャンペーンも充実している。

Apple PayやGoogle Payと各サービスとの関係は?

Apple Payはアップルの、Google PayはGoogleのウォレット(財布)サービスという位置づけ。どちらも店舗での決済には、端末に内蔵されたFeliCaを使う。iDやSuicaなどは、その財布に入るクレジットカードやお金と考えれば理解しやすい。なお、Androidでは、Google Payとは別に、ドコモが運営するおサイフケータイがあり、iDなどは、そのサービス上でのみ提供される。

画像: 【FeliCa決済を比較】iD・QUICPay・Suica・WAON・nanaco 5大サービスの特徴とおすすめ度

解説/石野純也(ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.