エプソンは、3LCD方式のホームプロジェクター「dreamio」シリーズの新製品、WXGA対応のコンパクトモデル「EF-100W」と「同100B」を発売した。レーザー光源の採用により、輝度2000ルーメン、コントラスト比250万対1の鮮やかな映像を投映できるのが特徴だ。

エプソン
dreamio EF-100W/100B

メディアストリーミング端末を本体に格納できるプロジェクター

●発売日:5月下旬(Android TV端末同梱モデルは、8月予定)
●直販価格:100W/100B=10万4760円(Android TV端末同梱モデルは、11万160円)

エプソンは、3LCD方式のホームプロジェクター「dreamio」シリーズの新製品として、WXGA対応のコンパクトモデル「EF-100W」(本体色ホワイト)と「同100B」(ブラック)を発売した。

画像: EF-100W

EF-100W

画像: EF-100B

EF-100B

レーザー光源の採用により、小型ボディながら、輝度2000ルーメン、コントラスト比250万対1の鮮やかな映像を投映できるのが特徴。

画像: エプソン dreamio EF-100W/100B

また、スティック型のメディアストリーミング端末を接続し、本体内に格納できる構造になっているため、ネット動画などの投映も手軽に楽しめる。

なお、Android TV端末が同梱されたモデルも8月に発売される予定。

●問い合わせ先:エプソン 050-3155-7010

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.