左右2枚のプレートで2つの料理を調理できる「両面ホットプレート」が好評のアイリスオーヤマだが、より広い幅広い用途にも対応できる「左右温調ホットプレート」を新たに発売する。全国の家電量販店、ホームセンターを中心に販売し、初年度3万台の出荷を目指す。

プレートの左右で温度調節できる

1枚のプレートでお好み焼きも、たこ焼きも!

2015年12月に発売されたアイリスオーヤマの「両面ホットプレート」は、左右2枚のプレートで独立した温度調節ができ、異なる2つの料理を同時に調理できるため、ユーザーから高い評価を受けていた。

画像: 2015年12月に発売されたアイリスオーヤマの「両面ホットプレート」。

2015年12月に発売されたアイリスオーヤマの「両面ホットプレート」。

今回、より広いプレートで調理でき、大人数での食事など幅広い用途にも対応できる「左右温調ホットプレート」が新たに発売される。

「左右温調ホットプレート」は、左右独立した温度調整ができるため、同時に2つの料理を調理できる。
火力は、保温・弱・中・強と4段階に調節でき、片側で焼肉をしながら、もう片側で加熱した肉を保温するといった調理もできる。
また、プレートの面積が、従来の両面ホットプレートの約1.8倍と大人数向けの調理にも対応できるため、毎日の食事だけでなく、ホームパーティーにも幅広く使用可能。

プレートは、仕切りのないワイドサイズの「平面プレート」と「たこ焼き+平面プレート」の2種類。
「たこ焼き+平面プレート」では、たこ焼きと焼きそば、パエリアとアヒージョなど、様々な組み合わせの料理を1つのホットプレートで同時に楽しめる。

平面プレートには、左右それぞれに「焼きごろお知らせマーク」を搭載しているため、余熱処理の完了が一目でわかり、最適なタイミングで調理を始められる。
さらに、本体と蓋を接続させるバックルが付属しているため、蓋などの付属品をまとめてコンパクトに収納できる。

商品機能まとめ

① 左右温度調節機能により、2品同時に調理できる
② 「焼きごろお知らせマーク」でベストなタイミングが一目で分かる
③ 収納用バックルで本体と蓋を一緒に収納

①左右温度調節機能

2品同時に調理できる

左右独立した温度調整ができるため、同時に2つの料理を調理できる。
火力は、保温・弱・中・強と4段階に調節でき、片側で焼肉をしながら、もう片側で加熱した肉を保温するといった調理もできるため、ゆっくり食事を楽しめる。

また、プレートの面積が、従来の両面ホットプレートの約1.8倍。大人数向けの調理にも対応できるため、毎日の食事からパーティーシーンまで幅広く使用できる。
プレートは、仕切りのないワイドサイズの「平面プレート」と、たこ焼きと焼きそば、パエリアとアヒージョなど様々な組み合わせの料理を1つのホットプレートで同時に楽しめる「たこ焼き+平面プレート」の2種類がある。

画像: 2品同時に調理できる

②「焼きごろお知らせマーク」

ベストなタイミングが一目で分かる

平面プレートには、温度で色が変わる酸化鉄の含まれた塗料を使用している「焼きごろお知らせマーク」を左右それぞれに搭載。
それにより、ホットプレートの表面温度が180℃~200℃になるとマーク中央の「準備中」の文字が消え、余熱処理の完了が一目でわかり、最適なタイミングで調理を始められる。

画像: ベストなタイミングが一目で分かる

③収納用バックル

本体と蓋を一緒に収納

収納に便利なバックルを2つ付属。本体の両側から留めるだけで、ホットプレート本体と蓋をまとめることができ、コンパクトに収納できる。

画像: 本体と蓋を一緒に収納

その他の特長

・横幅518mmのワイドプレートにより、幅広い料理に対応。
・付属のレシピブックには、平面プレート用のメニュー12種、たこ焼き+平面プレート用のメニュー3種を掲載。

画像: その他の特長

アイリスオーヤマ
左右温調ホットプレート
2枚(平面プレート、たこ焼き+平面プレート)
WHPK-012

画像: アイリスオーヤマ 左右温調ホットプレート 2枚(平面プレート、たこ焼き+平面プレート) WHPK-012

開発担当のこだわりポイント

画像: 開発担当のこだわりポイント

既存の両面ホットプレートに対して、「より広いプレートで調理をしたい」というお客様の声があり、今回の新製品の開発に至りました。
ホットプレートは面積が広いため、収納場所に困る方が多く、実際に私もそうでした。

今回の「左右温調ホットプレート」は、狭い場所でも収納ができるよう、本体と蓋をしっかりバックルで留めることにより、縦に置いても収納できるようにしてます。
また、縦に置いてもプレートの重みでバックルが外れにくいよう、バックルの形状にも工夫しました。ぜひ、お試しください。

This article is a sponsored article by
''.