船井電機は、4K液晶テレビ「4120シリーズ」と「4020シリーズ」を、ヤマダ電機限定で発売した。どちらも、新4K衛星放送用チューナー2基と1Tバイトハードディスク内蔵。4K放送を見るだけでなく、録画や裏番組録画も手軽に行える。画面サイズは、「4120シリーズ」が55V型のみ、「4020シリーズ」は49V型と43V型の2種類。

船井電機
4120/4020シリーズ

4Kチューナー2基とHDDを内蔵した多機能タイプの液晶テレビ

●発売日:7月20日
●価格:55V型=17万2584円、49V型=11万8584円、43V型=10万7784円

船井電機は、4K液晶テレビ「4120シリーズ」と「4020シリーズ」を、ヤマダ電機限定で発売した。どちらも、新4K衛星放送用チューナー2基と1Tバイトハードディスクを内蔵しており、4K放送を見るだけでなく、録画や裏番組録画も手軽に行える。

画像: 4120シリーズ

4120シリーズ

また、ネットワーク機能やスマホ連係機能も装備しているから、多彩な活用が可能だ。「4120シリーズ」は、動きの速いシーンもクッキリ表示できる倍速駆動パネルを採用している。画面サイズは、「4120シリーズ」が55V型のみ、「4020シリーズ」は49V型と43V型の2種類。

●問い合わせ先:船井電機 0120-055-271

This article is a sponsored article by
''.