キヤノンのミニプロジェクター「C-13W」 無線LANとブラウザー機能を搭載した軽量モデル

家電・AV

キヤノンマーケティングジャパンが「ミニプロジェクター」シリーズの新製品「C-13W」を発売した。無線LANとブラウザー機能を搭載しており、本機単体でウエブページを投映できるのが特徴。4Gバイトメモリー、HDMI入力、USBポート、microSDスロットなども備えている。

キヤノン
ミニプロジェクター C-13W

ウエブページを単体で投映できる軽量設計のミニプロジェクター

●発売日:10月上旬
●価格:5万4770円

キヤノンマーケティングジャパンは、「ミニプロジェクター」シリーズの新製品として、「C-13W」を発売する。無線LANとブラウザー機能を搭載しており、本機単体でウエブページを投映できるのが特徴。さらに、4Gバイトメモリー、HDMI入力、USBポート、microSDスロットなども備えているから、多彩な映像ソースに対応できる。

また、バッテリーを内蔵しているので、電源が取れないような場所での投映も可能だ。解像度はWVGA(854ドット×480ドット)。輝度は130ルーメンで、コントラスト比は400対1。重量は410グラム。

●問い合わせ先:キヤノンマーケティングジャパン 050-555-90071

文/特選街編集部
※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

家電・AV
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース