肩乗せスピーカーは、用途に合わせて選ぶ必要がある。シャープ「AN-SX7A」はテレビに取り付けるトランスミッターがセットで、音の遅延も少ない。迫力ある音質は、映画視聴に向く。ボーズ「Soundwear CompanionSpeaker」ブルートゥースでスマホやパソコンと接続可能。音楽鑑賞向きだ。

話題の肩乗せスピーカーは目的に合わせて選ぼう!

音楽重視か? 映像視聴か?

最近話題の肩乗せスピーカー。例えば自宅でのテレビ視聴時、テレビに接続しておくと、耳元で音が出るため、音量を控えめにしてもよく聴き取れるといったメリットがある。

一口に肩乗せスピーカーといっても、実は多種多彩。用途に合わせて選ぶ必要がある。例えば、シャープのAN-SX7Aはテレビに取り付けるトランスミッターがセットで、音の遅延も少ない。迫力ある音質は、映画視聴に向く。

製品の特徴を知り、しっかり選びたい

シャープ
AN-SX7A
実売価格例:2万7410円

画像: トランスミッターを同梱し、テレビの音を無線接続で聴くことができる。低域音の振動を利用して迫力を増す機能も搭載し、映画視聴に向く。

トランスミッターを同梱し、テレビの音を無線接続で聴くことができる。低域音の振動を利用して迫力を増す機能も搭載し、映画視聴に向く。

ボーズのSound Wear Companion Speaker(サウンド ウェア コンパニオン スピーカー)は、スマホとブルートゥース接続が可能。同社ならではと思える高音質で、音楽鑑賞に向く。

ボーズ
Soundwear CompanionSpeaker
実売価格例:3万4560円

画像: ブルートゥースでスマホやパソコンと接続可能。ネックバンド部は柔軟で、形状を調整できて、快適。重厚な低域と張りのあるサウンドで、音楽鑑賞向き。

ブルートゥースでスマホやパソコンと接続可能。ネックバンド部は柔軟で、形状を調整できて、快適。重厚な低域と張りのあるサウンドで、音楽鑑賞向き。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

解説/鴻池賢三(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.