ハイレゾ音源は、ハイレゾを扱う配信サービスで購入、ダウンロードすることが可能。日本のハイレゾ配信の先駆け的存在「e-onkyo music」だ。「OTOTOY(オトトイ)」は、国内アーティストに関するリコメンドが充実。レーベルやタグを使った曲の検索もわかりやすい。

ハイレゾ配信サイトは配信の形式や扱う音楽の情報の深さで選べ!

目的に合わせて上手に使い分けたい!

ハイレゾ音源は、ハイレゾを扱う配信サービスで購入、ダウンロードすることができる。ハイレゾ配信サービスで大定番といえるのが「e-onkyo music」だ。日本のハイレゾ配信の先駆け的存在で、販売する作品のすべてがハイレゾ。配信形式もWAV(ワブ)にFLAC、DSDなどと多く、作品によっては選ぶこともできる。

日本のハイレゾ配信の草分け

「e-onkyo music」

https://www.e-onkyo.com/music/

画像: 配信するのはすべてハイレゾというわかりやすさ。ハイレゾに関する入門的な解説も充実している。

配信するのはすべてハイレゾというわかりやすさ。ハイレゾに関する入門的な解説も充実している。

「OTOTOY(オトトイ)」はインタビューやコラム記事なども豊富で、国内アーティストのマニアックな情報までわかるサービス。新たな音楽との出会いが期待できるだろう。

国内アーティストの情報が充実

「OTOTOY」

https://ototoy.jp/top/

画像: 国内アーティストに関するリコメンドが充実。レーベルやタグを使った曲の検索もわかりやすい。

国内アーティストに関するリコメンドが充実。レーベルやタグを使った曲の検索もわかりやすい。

「mora(モーラ)」はハイレゾとAAC形式の圧縮音源を両方扱う大型ショップ的な存在。ハイレゾ音源が存在しない旧作も同時に探せるのが使いやすい。

解説/大坪知樹(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.