ブルートゥースで対応スピーカーなどに音を伝送、またUSBでパソコンに接続できるフルオート機のソニー「PS-LX310BT」が人気だ。アイオンオーディオ「PRO200BT」は、ヘッドホン出力も装備するモデルのため、アナログレコードをより楽しめる。

USBブルートゥースなど、デジタルとの親和性がいいプレーヤーに注目

現代のオーディオ機器と接続して楽しむ!

アナログレコードの人気が若い世代の間でも高まっている。これに合わせて、エントリークラスのアナログプレーヤーでは、現代のオーディオ機器と組み合わせやすい機能を持ったモデルが増えている。アナログレコードでは欠かせないフォノイコライザーアンプを内蔵し、一般的なオーディオ機器と接続できるのは今や主流。

フルオート操作も可能な一台

ソニー
PS-LX310BT
実売価格例:2万5690円

画像: ブルートゥースで対応スピーカーなどに音を伝送。USBでパソコンに接続できるフルオート機。

ブルートゥースで対応スピーカーなどに音を伝送。USBでパソコンに接続できるフルオート機。

USB端子を備えたモデルでは、フォノイコライザーアンプの信号をデジタルに変換して出力でき、パソコンなどで高品質なデジタル録音が可能になる。

ヘッドホン出力も装備するモデル

アイオンオーディオ
PRO200BT
実売価格例:2万2000円

画像: ソニー「PS-LX310BT」同様、ブルートゥースとUSBを搭載。ライン出力やヘッドホン出力など、装備も充実。

ソニー「PS-LX310BT」同様、ブルートゥースとUSBを搭載。ライン出力やヘッドホン出力など、装備も充実。

また、ブルートゥースを内蔵し、配線なしでスピーカーに飛ばして再生できるものもある。アナログレコードの音を、現代的なスタイルで楽しめるのだ。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

解説/鳥居一豊(AVライター)

This article is a sponsored article by
''.