持ち前の高音質技術を生かしつつ、ハイレゾ音源やNAS再生、音楽配信サービスなど、最新の機能性を備えたデノンのCEOL、N10シリーズだ。CDレシーバーとスピーカーは別々に販売され、いずれも黒と白の2色から選べる。

【大人のミニコンポ選び】タイプ別No.1はこれだ!
お気に入りの音楽がワイヤレスで手軽に楽しめるブルートゥーススピーカーが人気を集める中、左右独立のスピーカーを備えたミニコンポを支持する声も根強い。
今回は、各メーカーの人気モデルを集め、搭載している機能を整理して紹介し、各種メディアで行った音質チェックの結果を掲げる。

大人のミニコンポ選び
CD、ハイレゾ再生は実に高品質。ネット接続も可能

デノン
RCD-N10+SC-N10
実売価格例:4万8600円+1万3250円

画像: サイズ▶ CDレシーバー:幅28cm×高さ10.82cm×奥行き30.5cm、スピーカー:幅15.3cm×高さ23.3cm×奥行き20cm 重量▶ CDレシーバー:3.4kg、スピーカー:2.4kg(1台) 実用最大出力▶ 80W+80W(4Ω)

サイズ▶CDレシーバー:幅28cm×高さ10.82cm×奥行き30.5cm、スピーカー:幅15.3cm×高さ23.3cm×奥行き20cm
重量▶CDレシーバー:3.4kg、スピーカー:2.4kg(1台)
実用最大出力▶80W+80W(4Ω)

USBメモリー再生 ◎ 
USB DAC機能  ─ 
NAS再生 ◎ 
ネット音楽配信 ◎ 
対応CD音楽CD・CD-R/RW
ラジオAM・FM・ワイドFM
ハイレゾPCM 192/24・DSD 5.6
ブルートゥースSBC

持ち前の高音質技術を生かしつつ、ハイレゾ音源やNAS再生、音楽配信サービスなど、最新の機能性を備えたデノンのCEOL、N10シリーズだ。CDレシーバーとスピーカーは別々に販売され、いずれも黒と白の2色から選べる。

画像: ●LANとWi-Fiに対応 LAN端子を搭載するほか、2.4G/5GヘルツのデュアルバンドWi-Fiに対応。

●LANとWi-Fiに対応
LAN端子を搭載するほか、2.4G/5GヘルツのデュアルバンドWi-Fiに対応。

画像: ●天面にタッチパネル搭載 天面に基本操作が可能な タッチパネルを配置。操作時にはLEDが点灯する。

●天面にタッチパネル搭載
天面に基本操作が可能な タッチパネルを配置。操作時にはLEDが点灯する。

ネットワーク/ワイヤレスオーディオ技術「HEOS」を搭載し、ハイレゾのNAS再生、USBメモリー再生、さらに「Spotify」などの音楽配信にも対応。

まずCD再生だが、一定のダイナミックレンジを確保しながら、癖のない、緻密な音をバランスよく聴かせる。あくまでもおおらかに、聴き手を暖かな音調で覆い包んでくる。女性ボーカルはゾクッとするほどみずみずしく、ピアノ、ベース、バスドラムと、雑味のないフレッシュな響き、躍動するリズム感が新鮮だった。

ハイレゾ音源の再生では、その音の勢い、空間の静けさ、そして細やかな表現力といったところで、オーディオ機器としての素性のよさが実感できる。ピアノは落ち着いた音調で、響きの抑揚、余韻の描写が鮮明。歪み、ノイズを感じさせない空間のすがすがしさが印象的だった。

ブルートゥース再生でも、帯域バランスの整った肌合いのいいサウンドは健在。ただ、微妙なニュアンスが感じ取りづらく、音そのものの質感が粗っぽくなる。SBCコーデックの音質面でのハンデは予想以上に大きい。

再生音質採点&一言コメント

CD音質9
帯域バランス、音色、ダイナミックレンジなど基本的なクオリティが高い。
ハイレゾ音質9
基本的なS/N感のよさに加え、リズム、ピッチの刻みが正確。
ブルートゥース音質7
CD、ハイレゾ再生に比べて、絶対的な情報量が足りない。

この製品に向く音楽ジャンル

画像: 大人のミニコンポ選び CD、ハイレゾ再生は実に高品質。ネット接続も可能

◆解説/藤原陽祐 (AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.