ビクターの独自技術、ウッドコーンユニット発売15周年を記念したモデル。注目のウッドコーンは、低重心設計のエンクロージャーに1基を収めたフルレンジ仕様。音作りにはビクタースタジオが加わり、「K2」も搭載済み。

【大人のミニコンポ選び】タイプ別No.1はこれだ!
お気に入りの音楽がワイヤレスで手軽に楽しめるブルートゥーススピーカーが人気を集める中、左右独立のスピーカーを備えたミニコンポを支持する声も根強い。
今回は、各メーカーの人気モデルを集め、搭載している機能を整理して紹介し、各種メディアで行った音質チェックの結果を掲げる。

大人のミニコンポ選び
ウッドコーンの採用で、優しくて癖のない自然な響き

ビクター
EX-HR99
実売価格例:13万4590円

画像: サイズ▶ CDレシーバー:幅27.9cm×高さ11.8cm×奥行き28.9cm、スピーカー:幅12cm×高さ16.1cm×奥行き26.8cm 重量▶ CDレシーバー:4.3kg、スピーカー:2.2kg(1台) 実用最大出力▶ 50W+50W(4Ω)

サイズ▶CDレシーバー:幅27.9cm×高さ11.8cm×奥行き28.9cm、スピーカー:幅12cm×高さ16.1cm×奥行き26.8cm 
重量▶CDレシーバー:4.3kg、スピーカー:2.2kg(1台)
実用最大出力▶50W+50W(4Ω)

USBメモリー再生 ◎ 
USB DAC機能  ─ 
NAS再生 ─ 
ネット音楽配信 ─ 
対応CD音楽CD・CD-R/RW
ラジオAM・FM・ワイドFM
ハイレゾPCM 192/24・DSD 5.6
ブルートゥースSBC・AAC・aptX

ビクターの独自技術、ウッドコーンユニット発売15周年を記念したモデル。注目のウッドコーンは、低重心設計のエンクロージャーに1基を収めたフルレンジ仕様。音作りにはビクタースタジオが加わり、「K2」も搭載済み。

画像: ●K2のオン/オフが可能 高音質化機能、K2のオン/オフボタン兼インジケーター(オン時は白く点灯)。

●K2のオン/オフが可能
高音質化機能、K2のオン/オフボタン兼インジケーター(オン時は白く点灯)。

画像: ●ウッドコーンを採用 自然な音を目指し、本物の木を振動板に採用したフルレンジ・ウッドコーンスピーカー。

●ウッドコーンを採用
自然な音を目指し、本物の木を振動板に採用したフルレンジ・ウッドコーンスピーカー。

もともとウッドコーンという技術は、振動板に天然木を採用し、自然な響きを表現したいという思いからスタート。今も、そのコンセプトは変わらないが、本機では振動板部にチェリー材の薄型シートを十字に配置したり、磁気回路後部にメイプル材のウッドブロックを装着したりと、響きを整えるための改良が加えられている。

まずCD再生だが、ウッドコーンならではの癖のない自然な響きで、空間の広がりもスムーズ。低域の量は中庸。楽器が奏でる響きの描き分けが緻密で、明瞭度が高い。耳元でささやくように歌う女性ボーカルは優しく、ビブラートのニュアンスも悪くなかった。

USBメモリーによるハイレゾ再生では、良質な響きが全身を覆い包むような独特の聴き心地。解像感、ダイナミックレンジと、基礎体力も高いが、あくまでもゆったりと、温かく、上品に聴かせる。

ブルートゥース接続でも、力み、誇張のない穏やかなサウンドは健在。空間の広がり、響きの緻密さはやや抑えられるが、ギターの響きの細かな揺らぎや、声のニュアンスは、しっかりと感じ取ることができた。

再生音質採点&一言コメント

CD音質8
ストレスなく広がる響きが魅力的。ボーカルのニュアンスが良好。
ハイレゾ音質7
ワイドレンジではないが、肌合いのいい良質な響きがスムーズに広がる。
ブルートゥース音質8
音の輪郭が抑えられる傾向だが、ウッドコーンの強みは健在。

この製品に向く音楽ジャンル

画像: 大人のミニコンポ選び ウッドコーンの採用で、優しくて癖のない自然な響き

◆解説/藤原陽祐 (AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.