注目の8機種を集め、ふだんの生活の中でさまざまに使用してみた。今回のテストルームでは、フローリングとカーペットでの吸引力(重曹・糸)をチェックしたほか、操作性、ゴミの捨てやすさ、メンテナンス性など、トータルの使用感を比較した。

今月のテストアイテムはこちら
コードレススティック掃除機

日々、進化を続けるコードレススティック掃除機。モーターやバッテリーの性能が上がり、メインの掃除機として利用する人も多い。その一方で、気軽に使える2台めとしてのニーズも変わらずにあり、パワー重視のモデルや、扱いやすさにこだわった機種など、それぞれに持ち味や傾向が異なってきている。

今回は、注目の8機種を集め、ふだんの生活の中でさまざまに使用してみた。フローリングとカーペットでの吸引力(重曹・糸)をテストしたほか、操作性、ゴミの捨てやすさ、メンテナンス性など、トータルの使用感をチェックした。

そのほか、印象的なポイントもピックアップしているので、自分の生活スタイルに合うかどうか、選ぶ際の参考にしてほしい。

最新8モデルを使ってみました!

エレクトロラックス
「エルゴラピード・パワープロ プラス」

詳しい記事はコチラ

画像: ❶ エレクトロラックス 「エルゴラピード・パワープロ プラス」

シャーク
「Shark EVOFLEX S30」

詳しい記事はコチラ

画像: ❷ シャーク 「Shark EVOFLEX S30」

シャープ
「EC-SR3SX」

詳しい記事はコチラ

画像: ❸ シャープ 「EC-SR3SX」

ダイソン
「Dyson V8 Slim Fluffy+」

詳しい記事はコチラ

画像: ❹ ダイソン 「Dyson V8 Slim Fluffy+」

東芝
「VC-CL1600」

詳しい記事はコチラ

画像: ❺ 東芝 「VC-CL1600」

パナソニック
「MC-SB30J」

詳しい記事はコチラ

画像: ❻ パナソニック 「MC-SB30J」

日立
「PV-BH900G」

詳しい記事はコチラ

画像: ❼ 日立 「PV-BH900G」

三菱電機
「HC-JD1J」

画像: ❽ 三菱電機 「HC-JD1J」

まとめ

基本的な実力はどれもハイレベル。自分の使い方に合わせて選択したい

今回の8機種は、どれもかなり実力が高い。吸引力については、フローリングの溝の粉も残さず吸い取ったほか、操作性も全体に優秀で、満足のいく働きぶりだといえる。

だが、細かく見ると、それぞれに向き・不向きなどの傾向がある。まとめて一気に掃除をするのか、まめに掃除をするのか、床以外の掃除にも使うのか、メンテナンス性をどの程度気にするのかなど、自分の使い方を見極めて、選びたいところだ。

個人的に最も印象に残ったのは、日立。掃除をスムーズにするための実用的でユニークな特徴が多く、掃除をするのが楽しくなった。

日立「PV-BH900G」

詳しい記事はコチラ

画像: ほかにはない細かな配慮がちりばめられ、使い勝手がいい。ゴミを見つけて吸う手ごたえがあり、掃除が楽しくなる。

ほかにはない細かな配慮がちりばめられ、使い勝手がいい。ゴミを見つけて吸う手ごたえがあり、掃除が楽しくなる。

パワーでは、シャーク。フローリングはもちろん、カーペットの奥のチリにも強く、バッテリーを入れ替えれば、長時間稼働も可能。大掃除でも頼れる存在だ。

シャーク「Shark EVOFLEX S30」

詳しい記事はコチラ

画像: 勢いとパワーとスタミナのあるマッチョ仕様。どんな種類の床もしっかり掃除し、メイン掃除機としても安心。

勢いとパワーとスタミナのあるマッチョ仕様。どんな種類の床もしっかり掃除し、メイン掃除機としても安心。

パナソニックは、非常に軽くて使いやすいシンプルモデル。付属品は少ないが、掃除能力は高く、気軽に使えそうだ。

パナソニック「MC-SB30J」

詳しい記事はコチラ

画像: 基本性能をしっかりと押さえつつ、シンプルにまとめた一台。軽量なので、年配者にも使いやすい。

基本性能をしっかりと押さえつつ、シンプルにまとめた一台。軽量なので、年配者にも使いやすい。

解説/諏訪圭伊子 (フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.