まず、アクセル全開時の事故状況を分析、次に実際の走行データと照合したうえで、アクセルの踏み間違いを判定。加速を抑制する。「急アクセル時加速抑制機能」を2020年夏以降、新型車から順次導入するとともに、既存の販売車向けの後付けシステムの商品化も同時期に予定している。

トヨタがビッグデータを活用した「急アクセル時加速抑制機能」を開発

トヨタは、ペダルの踏み間違いによるクルマの事故の抑制・被害軽減について、自社のコネクティッドカーから得られたビッグデータ(実際の走行データ)に基づき、「急アクセル時加速抑制機能」を開発したと発表。

夏以降、新型車から順次導入するとともに、既存の販売車向けの後付けシステムの商品化も同時期に予定している。

トヨタ
急アクセル時加速抑制機能

2020年夏導入予定

コネクティッドカーのデータを活用

画像: まず、アクセル全開時の事故状況を分析、次に実際の走行データと照合したうえで、アクセルの踏み間違いを判定。加速を抑制する。

まず、アクセル全開時の事故状況を分析、次に実際の走行データと照合したうえで、アクセルの踏み間違いを判定。加速を抑制する。

画像: センサーで検知できる壁やクルマなどがない状況でも、ドライバーによる異常な急アクセル操作を特定して割り出すことが可能になる。

センサーで検知できる壁やクルマなどがない状況でも、ドライバーによる異常な急アクセル操作を特定して割り出すことが可能になる。

従来の事故抑止・被害軽減システムは障害物がある場合にのみしか対応しなかったが、今回新開発された機能は、障害物のない状況でも、異常なアクセル操作状況を特定して、加速を抑制するという。

クルマの安全性を大きく向上させる画期的技術として注目される。

文/特選街編集部

This article is a sponsored article by
''.