高音質なイヤフォンで知られるAZLA(アズラ)から、エントリークラスの新モデル「AZEL(アゼル)」が3月20日から発売された。価格は、直販価格で6580円(税込)で、スマホなどの付属イヤフォンからのグレードアップとしても最適なモデルだ。手頃な価格のモデルながらも、同社初の切削加工による金属筐体を採用し、イヤーピースなども充実するなど、コストパフォーマンスに優れたものになっている。

ワイヤレスイヤフォンが人気な今だが、音質を求めるなら有線タイプが有利

AZLAのAZELは、オーソドックスな有線タイプ。
今やワイヤレスイヤフォンが人気だが、安価なワイヤレスモデルだと電波が途切れて音が途絶えることが多かったり、バッテリー寿命が短いなど、使いにくいこともある。
また、ワイヤレス送信はBluetoothによる圧縮音声を使用するので、信号の圧縮などをせず、有線で伝送する有線タイプの方が音質は有利。もちろん、電源も不要で音が途切れることもない。
外出時などは軽快に使えるワイヤレスイヤフォンが魅力的なのは確かだが、音楽をよりよい音で楽しむならば有線タイプの方がおすすめだ。

画像: AZLA AZEL amzn.to

AZLA AZEL

amzn.to

自社開発の8mmドライバーを、切削加工の金属筐体に搭載

AZELは、コンパクトなカナル型のイヤフォン。
自社開発の8mmダイナミックドライバーを搭載し、メタル素材を使った振動板のアツアは40μmだ。これを、切削加工による金属筐体に内蔵し、4Hz~60kHzの広い周波数帯域を実現した。ヘアライン加工を施すなど、安価なモデルながらも質感の高い仕上がりとなっている。
また、カラーはブラック、グレー、レッド、グリーンの4色が用意され、好みに合わせて選ぶことができる。

画像: AZELの内部パーツを分解したイメージ。中央の金色の部品がドライバー。 amzn.to

AZELの内部パーツを分解したイメージ。中央の金色の部品がドライバー。

amzn.to

自然で落ち着いた音を可能にしたフィボナッチフィルターを採用

ハウジングの先端には、フィボナッチパターンで加工された音響フィルターを採用。
ほこりやゴミの侵入を防ぎ、内部のドライバーを保護する役割を持つ部品だが、幾何学的な美しいパターンを採用することで、スムーズな高音域を際限できるという。
このほか、イヤフォンケーブルは、専用設計のSilver Plated OFCケーブルを採用している。高品質な線材を採用しただけでなく、ケーブルの被覆の処理も質感がよく、編み込みタイプとすることで、取り回しのしやすい、使いやすさと優れた耐久性も確保している。

画像: ハウジング先端にあるフィボナッチフィルター。美しいパターンが特徴だ。 amzn.to

ハウジング先端にあるフィボナッチフィルター。美しいパターンが特徴だ。

amzn.to

6サイズのイヤーピースが付属するなど、付属品も充実

耳に合わせて、6つのサイズが選べるイヤーピースは、AZLAが独自に開発した「SednaEarfit Light Short」を付属。サイズが細かく選べるので、ぴったりと合ったサイズが選べる。
医療グレードのLSRシリコン樹脂を使うことで、耳に当たる部分が柔らかく、快適に装着できることが魅力だ。また、持ち運びのためのキャリングケースも付属し、さらに左右のイヤフォンを傷つけないように、小型ポーチも2つ用意。安価なモデルながら、充実した内容になっている。

画像: AZELの付属品一式。左上がキャリングポーチで左下がハウジング用ポーチ。右が6サイズのイヤーピース。 amzn.to

AZELの付属品一式。左上がキャリングポーチで左下がハウジング用ポーチ。右が6サイズのイヤーピース。

amzn.to
画像: ハウジングに傷をつけないように左右のハウジングを専用の小型ポーチにそれぞれ収納できる。 amzn.to

ハウジングに傷をつけないように左右のハウジングを専用の小型ポーチにそれぞれ収納できる。

amzn.to

AZELをお借りして、さっそく使用してみた

試聴用の取材機をお借りすることができたので、使用した印象も紹介しよう。
ハウジングはコンパクトで、軽快。柔らかい感触のイヤーチップがよくフィットすることもあり、装着感は軽快。長時間装着して使っていても耳が痛くなるようなこともないので、外出時に使うだけでなく、自宅で音楽を聴いたり、携帯ゲームをじっくりプレイするような使い方でも存分に楽しめる。

画像: 【高音質なイヤホン】AZLA アズラの新モデル「AZEL アゼル」試聴レビュー コスパ良しで初心者に最適!
AZLA AZEL [Beluga Black] 独自開発8mmダイナミックドライバー搭載イヤホン ストリーミング環境やモバイルゲームに音質最適化
【AZLA独自開発8mm ダイナミックドライバー】AZLAはドライバーを独自開発しています。AZELに採用されている独自開発8mmダイナミックドライバーは、40μ(ミクロン)厚の金属製振動板を搭載。ストリーミング環境で不足しがちな低域やダイナミクスの音源でも、AZELは4Hz~60,000Hzのワイドレンジ再生により、豊かな低域とリッチで自然な音を楽しむことができます。
【金属切削加工筐体】AZELの筐体には、AZLA初の金属筐体を採用。金属ブロックから切削加工しています。金属筐体の採用は、デザイン性だけではなく、サウンドにも非常に重要な役割を果たします。更に筐体全体にヘアライン加工を施...
¥5,980
2020-03-25 13:55

音質はAZLAらしい広がりの豊かな音で、高音域も爽快に響く。
「交響曲ガールズ&パンツァー」を聴いたが、オーケストラの楽器の音色も自然に鳴るし、金管楽器の力強い音や弦楽器の艶やかな音色もクリアーだ。みずみずしい高音域は情報量も豊かだが、適度に穏やかな感触でキツい音になったりせず、聴き心地が良い。聴き疲れのしない素直な音だ。
そして、低音もなかなかしっかりと出るので、オーケストラの雄大なスケールもしっかりと出る。手頃な価格のモデルとしては、なかなかよく出来ている。

ストリーミング音楽サービスの「Amazon Music HD」で、ポップス曲を中心に聴いてみたが、圧縮音源の楽曲も、圧縮による荒れた感じがほとんど気にならないし、低音が充実しているので痩せた印象もなく、楽しく聴けた。
より品位の高いHD楽曲やULTRA HD楽曲では、より情報量が増したことが感じられ、ボーカルのニュアンスも表情豊かに伝わる。携帯音楽プレーヤーなどを使ってハイレゾ楽曲を楽しむような人にもおすすめできる実力だ。
手頃な価格で音質のよいイヤフォンを探している人には、有力な選択候補になるはずだ。

This article is a sponsored article by
''.