ソニーから薄型テレビとの組み合わせるサウンドバーの新製品「HT-G700」が発表された。発売予定日は6月13日(土)、予想実売価格は6万円前後となる。製品は横幅980mmのバースピーカーと別体のサブウーファーのセットで、ドルビーアトモス/DTS:Xの最新のサラウンド方式にも対応する。大画面化の進む薄型テレビに合わせて、バーチャルサラウンド技術を最適化し、より豊かなサラウンド音場を実現している。

ドルビーアトモス/DTS:X対応だけでなく、最新の機能に対応

薄型テレビと組み合わせ、手軽に臨場感豊かなサラウンドを楽しめるサウンドバーの新製品「HT-G700」は、ミドルクラスながらもドルビーアトモス/DTS:Xに対応し、最新鋭のサラウンド方式のソフトも楽しめる。さらには、eARCにも対応しており、eARC対応の薄型テレビならばドルビーアトモス/DTS:X音声などの伝送が可能になる。

画像: ソニー HT-G700 www.sony.jp

ソニー HT-G700

www.sony.jp
画像: バースピーカーを上部から見たところ。角を丸めたラウンドフォルムを採用する。 www.sony.jp

バースピーカーを上部から見たところ。角を丸めたラウンドフォルムを採用する。

www.sony.jp

薄型テレビの外部入力にHDMI接続したUHD BDプレーヤーなどもドルビーアトモス音声などのほか、薄型テレビが内蔵する動画配信サービスのドルビーアトモス音声などの伝送も可能だ。
接続には、4K60p 18Gbps対応のHDMIケーブルが必要になるが、本体と薄型テレビの接続用の対応したHDMIケーブルも同梱される。より手軽にドルビーアトモスやDTS:Xといった最新のサラウンド音声を楽しめるようになっている。

画像: バースピーカー背面の接続端子。HDMI端子は入力出力各1系統を装備する。 www.sony.jp

バースピーカー背面の接続端子。HDMI端子は入力出力各1系統を装備する。

www.sony.jp

センタースピーカーを搭載し、声の聴き取りやすさを強化

バースピーカー部には、左右のスピーカーに加えてセンタースピーカーも搭載。
これにより、セリフや人の声がより聴き取りやすくなっているという。これに合わせて、別体型のサブウーファーも、より低域の重低音再生能力を強化。クリアで聴き取りやすく、しかも迫力のある重低音再生を可能にしている。

画像: サブウーファー部。上部にウーファーユニットが配置され、下部にはバスレフポートがある。 www.sony.jp

サブウーファー部。上部にウーファーユニットが配置され、下部にはバスレフポートがある。

www.sony.jp

独自のサラウンド技術を最適化し、より音場を拡大

前方だけの3.1chで包み込まれるような音場を実現するため、独自のバーチャルサラウンド技術を採用。「S-FORCE PRO FRONT SURROUND」は、大画面の薄型テレビに合わせて特に高さ方向の音の広がりを拡大。「VERTICAL SURROUND ENGINE」もアルゴリズムの改善により、豊かなサラウンド効果の得られる範囲を広げている。
これらによって、より広がりや高さの再現を豊かにし、臨場感のあるサラウンド音場を実現した。もちろん、ドルビーアトモス音声のソフトだけでなく、テレビ放送などのステレオ音声もより豊かな音場を楽しめるという。

まとめ

薄型テレビを大画面化したら、音声もグレードアップしたい

画像: www.sony.jp
www.sony.jp

「HT-G700」は、すっきりとしたシンプルなデザインで、リビングなどでも省スペースで設置でき、手軽に迫力あるサラウンドを楽しめるモデルだ。さらに、本体のディスプレイはOLED(有機EL)ディスプレイとし、鮮明で見やすい表示が可能。リビングで使うサウンドシステムとしては、機能性や使い勝手ともに優れた製品になっている。

薄型テレビも大画面化が進んできているが、映像のスケールの大きさに合わせて、音もグレードアップすると、映画などの臨場感はさらに高まる。映画はもちろん、スポーツ中継や音楽ライブ、ゲームなどもより豊かな音で楽しめる。家の中で過ごす時間が増えている今、薄型テレビの買い換えを考えるならば、ぜひとも音の方のグレードアップも検討してほしい。

This article is a sponsored article by
''.