短焦点レンズ採用や独自コンテンツで魅力が増した新しいAladdin

プロジェクターとシーリングライトが合体した「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)」。2018年11月に初号機を発売以降、販売台数は累計で4万6000を突破したという。プロジェクターとして見ると、近年まれに見るヒット製品といえるが、これは、「未来の壁」というコンセプトのもと、生活空間を彩るライフスタイル製品として幅広い層に受け入れられた結果だ。天井空間を活用し、引っ掛けシーリングの利用により設置が容易で、コンセント接続問題も解決しているなど、家電としても魅力的だ。

新発売の「popIn Aladdin2」は、ユーザーの声に耳を傾けた進化版。 まず、HDからフルHDへと高精細化し、映画やドラマもより高画質に楽しめるようになった。また、短焦点レンズの搭載により、6畳間でも100型が視野に入る大画面投映を実現。映像を、より低い位置に投写できる柔軟性の高さも魅力だ。さらに、スピーカーの高音質&大出力化など、音質も大幅にアップ。照明としても、照度の調整幅が広がり、色調もより繊細な調整が可能になった。

最大の魅力は、ワイヤレスで各種配信映像を再生できるほか、「生活ネイティブコンテンツ」と呼ぶ独自の映像コンテンツが利用できること。動く時計といった実用的なものから、世界の美しい風景、読み上げ付き絵本、親子で遊べる学習ゲーム、実物大表示も可能な動物図鑑、浮世絵に動きを付けたアート、そして、おうちヨガなど、アイデアの多彩さは、本機の強みだ。さらに、指定した時間にコンテンツを再生したり、時間帯に適したコンテンツを自動再生したりするアプリ「Aladdin Timer」も搭載。"新しい生活様式"をより楽しくするツールとして、注目を集めそうだ。

popIn
popIn Aladdin 2
実売価格例:9万9800円

画像: 先代モデルと比べて24ミリの薄型化を果たし、スタイリッシュに。短焦点化により6畳間で100型の投映も可能となった。シーリングライトそのものの感覚で設置でき、プロジェクターの課題だった設置場所や電源の問題を解決している。

先代モデルと比べて24ミリの薄型化を果たし、スタイリッシュに。短焦点化により6畳間で100型の投映も可能となった。シーリングライトそのものの感覚で設置でき、プロジェクターの課題だった設置場所や電源の問題を解決している。

画像: 映画やドラマの視聴に限らない「生活ネイティブコンテンツ」を搭載。時間に合わせて適切なコンテンツが再生される。

映画やドラマの視聴に限らない「生活ネイティブコンテンツ」を搭載。時間に合わせて適切なコンテンツが再生される。

知育アプリなど、キッズ向けコンテンツが充実

画像: 知育アプリも搭載。スマホやタブレットに頼らず、大画面で伸び伸びと楽しく学べるのは、本機の大きな魅力といえる。

知育アプリも搭載。スマホやタブレットに頼らず、大画面で伸び伸びと楽しく学べるのは、本機の大きな魅力といえる。

※価格は記事作成時のものです。

文/鴻池賢三(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.