今、ユニークなフレーバーの「進化系リキュール」が次々に登場しています。あんこやキャラメルを使ったスイーツ系のものから、驚きの野菜をつかったもの、変わり種の梅酒、蟹のほぐし身と出汁をつかったリキュールなど、ユニーク具合はさまざま。普段飲んでいるお酒とは少し違った楽しみ方や、料理とのペアリングを楽しめると人気です。この記事では、今話題の変わり種リキュールをご紹介。

ユニークなフレーバーが続々登場

リキュールとは、アルコールに砂糖・香料・果実などをまぜて作る混成酒の一種。甘くて飲みやすいものが多く、お酒が苦手な方でも、リキュールを使ったカクテルなら飲めるという方も多いのではないでしょうか。

今、ちょっとユニークなフレーバーの「進化系リキュール」が次々に登場しています。あんこやキャラメルを使ったスイーツ系のものから、驚きの野菜をつかったもの、変わり種の梅酒、蟹のほぐし身と出汁をつかったリキュールなど、ユニーク具合はさまざま。普段飲んでいるお酒とは少し違った楽しみ方や、料理とのペアリングを楽しめると、若い女性を中心に人気です。

今回は、みているだけでワクワクする、個性的なお酒を多数とりそろえている通販サイト「KURAND」から、ユニークなリキュールをご紹介。

スイーツ系

丹波ミルクあんリキュール

画像1: kurand.jp
kurand.jp

「えっ?あんこって飲めるの?」思わずそんなことを思った方も多いはず。兵庫県丹波・但馬産の19軒の契約酪農家の高品質な生乳だけを使用した「丹波ミルクリキュール」をベースに、丹波大納言小豆を贅沢にブレンドしたナチュラルミルクリキュール。ミルク割りやアイスにかけて味わいたいですね。

KURACAFE キャラメルリキュール

画像2: kurand.jp
kurand.jp

たっぷりの練乳を使用することでクリーミーな仕上がりのキャラメルリキュール。氷を浮かべたロックスタイルはもちろん、アイスにも。個人的にはコーヒーに入れてカクテルにしてみたいです!

くだもの系

大栄スイカのお酒

画像3: kurand.jp
kurand.jp

全国屈指のスイカの生産地である鳥取県の北栄町のこだわり農家さんが「収穫した時が食べごろになるように」と、完熟してから収穫した「大栄スイカ」をつかったリキュール。甘みが強くスイカ本来の味わいを感じられます。

吉野いちじくのお酒

画像4: kurand.jp
kurand.jp

桜の名所・奈良県吉野町で、農家の南阪本圭司さんと湧谷由雄さんが栽培する、上品で濃厚な甘みが特徴のいちじくをつかったリキュール。日持ちが悪く普段は地元以外への出荷は行っていないいちじくを、収穫後すぐにお酒にしているんだそう。「いちじくが苦手でも、これなら飲める!」という口コミもあり、飲みやすさも評判です。

野菜系

KURAYA 南瓜

画像5: kurand.jp
kurand.jp

「KURAYA 南瓜」は、食事のあとの余韻を楽しむのにぴったりな、和菓子のような素材の優しい甘さと、濃厚な味わいが楽しめる一本です。かぼちゃの濃厚な甘さと、クリーミーな口当たりが魅力です。ミルク割りやアイスにかけても。個人的にはプリンやパンナコッタにかけてみたいです。

火の国の真っ赤なトマト酒

画像6: kurand.jp
kurand.jp

生産量日本一を誇る熊本県で採れたトマトをまるごと使ってつくった、熊本のトマトのお酒。まるで新鮮なトマトジュースをそのまま飲んでいるかのようなあじわい。夏野菜を使った料理やイタリアンなど、料理とのペアリングを考えるのも楽しいですね!ビールと割って「レッドアイ」にしたり、タバスコやブラックペッパーでアクセントをつけて飲んでも。

梅酒系

姫とうがらしと青梅で、ピリリと辛い梅酒できちゃいました。

画像7: kurand.jp
kurand.jp

岡山県赤磐市の酒蔵がつくるピリリと辛い唐辛子梅酒。日本酒をベースに、地元赤磐産の青梅をじっくり1年間漬け込んだ後、「姫とうがらし」をブレンドしました。刺激的な唯一無二の味わいが特長です。揚げ物などのこってりしたものと相性バッチリ。

梅酒サングリア ラベンダー&クランベリー

画像8: kurand.jp
kurand.jp

おいしい梅酒をベースに果物やハーブをブレンドした体に優しいリキュールです。紀州南高梅をふんだんに使用した濃厚でフルーティな梅酒に、ハーブと果物がもつ美容に嬉しい成分をじっくり溶け込ませています。女子会に持って行ったら喜ばれそう!

変わり種系

BARA

画像9: kurand.jp
kurand.jp

こちらはとってもめずらしいお花のお酒。薔薇の花びらを漬け込んで引き出した上品で優雅な香りと、美しいピンク色をしています。薔薇の名所、長野県中野市の酒蔵で造られた、フルーティな甘酸っぱさとスッキリとした後味のバラのお酒です。スイーツのおともに飲めば、いつものデザートが一気にランクアップしそう。

BENIZUWAIGANI

画像10: kurand.jp
kurand.jp

なんとこちらは、山陰沖で獲れた旬な紅ズワイガニの身を贅沢に詰め込んだ、ホット専用の紅ズワイガニのお酒。出汁の専門家が作る合わせ出汁と純米酒をブランドして作られています。食後の〆として、カニ雑炊にしても美味しくいただけるんだとか。

普段の晩酌に変化球を

おうち時間を過ごす時間が長くなり、お店ではなく自宅でお酒を楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。普段のお酒にマンネリを感じたら、ちょっと変わったリキュールをとりいれてみるといいかもしれません。一緒に合わせる料理やスイーツを考えるのもワクワクしますね。

This article is a sponsored article by
''.