今回は自転車パーツブランドGORIX(ゴリックス)の格安サドル「GX-C19」を、ライターが実際に取り付けから試乗までを行った感想をレポートします。スポーツタイプのサドルは長時間利用していると疲れてしまい、乗り心地の良いサドルは重量やデザインが気になるところ。かといって高級なサドルには中々手を出しづらいものです。そんな悩みを解消するアイテムをご紹介します。

2000円程度の格安サドルがすごい!

ママチャリにも取り付け可能

格安かつハイクオリティな自転車パーツを展開するGORIX(ゴリックス)は、前回の記事(自転車の後付けのサドルサスペンションで乗り心地が劇的に変わる!)でご紹介した通り、優れたアイテムを多数リリースしている注目のブランドです。

そんなGORIXが約2,000円台という低価格で販売しているのが、こちらの「GX-C19」だ。24色の多彩なカラーバリエーションと低反発タイプのクッション、下腹部から尿道周りなどにかかる負担を軽減する穴あき構造が採用されています。

画像: コスパ抜群なGORIXのサドル「GX-C19」

コスパ抜群なGORIXのサドル「GX-C19」

製品データから見る「GX-C19」

GORIX「GX-C19」の製品データはこちら。

サイズ幅15cm×高さ7.5cm×長さ27.5cm
×レール幅5cm
重量約330g
素材PUレザー、ポリエステル
レールスチール製
「GORIX ごっつ株式会社プレスリリース」より作成

サイズは、ごく一般的な自転車サドルと同等程度で、クロスバイクやロードバイク、MTB(マウンテンバイク)やミニベロ(小径車)など、車種を問わず利用できます。もちろん、ママチャリや折りたたみ自転車でも、ほとんどの場合は取り付け可能です。

重さは330gと軽量で、ロードバイク用のサドルと比較すると平均的な重量です。これ以上軽量なものを選ぶとすると、高価なカーボン製サドルを選ぶ必要があるため十分軽量な部類になると思われます。

画像: GORIXのサドル「GX-C19」

GORIXのサドル「GX-C19」

また、素材にはPUレザーとポリエステルを組み合わせており、厚手のふかふかなクッションが地面の衝撃を効率よく軽減してくれます。お尻の接地面には滑り止めも貼られており、力を逃さず安定した巡航が可能です。スチール製のレールも頑丈で、取り付け時にスライドさせて自分に合ったポジションを自在に決定できます。

以上のように、まるで2,000円のパーツとは思えないほどハイクオリティな製品となっています。

画像: こだわりの座面設計

こだわりの座面設計

「GX-C19」を取り付けてみた

パーツを外してサドル部分を交換するだけ

ここからは、筆者が実際にGX-C19を利用した感想をレポートしていきます。まずは、サドルの取り付けから。以前ご紹介したファットバイク「BRONX 20DD」に装着します。

シートポストには、GORIXのサドル用サスペンション「GX-SSP」をセット済みなので、パーツを六角レンチで外して、サドル部分を交換するだけのシンプルな工程で取り付け作業を終えました。サスペンションパーツのお陰で、サドルの交換も簡単です。

画像: GX-C19を取り付けてみた

GX-C19を取り付けてみた

ポジションを決めて、ネジをしっかり閉めれば完成です。決して目立ちすぎないシンプルなデザインながら、アルカンシエル(虹色)カラーとブランドロゴのアクセントが効いた一癖ある外観に仕上がりました。

画像: 個性的な外観に仕上がった

個性的な外観に仕上がった

「GX-C19」の試乗レポート

めちゃくちゃ柔らかい乗り心地!

セッティングも終えたところで、GX-C19を試乗してみました。自宅から往復10kmほど移動して、舗装路や砂利道、オフロードなどさまざまなシチュエーションで自転車を漕いだ感想をレポートしていきます。

まずはアスファルトの舗装路からスタート。以前装着していたピストバイク用のサドルと打って変わって、めちゃくちゃ柔らかい乗り心地です。座面のグリップ感もよく、心なしか今までよりスムーズなペダリングで巡航できました!めちゃくちゃ柔らかい乗り心地です。座面のグリップ感もよく、心なしか今までよりスムーズなペダリングで巡航できました

画像: 柔らかい乗り心地

柔らかい乗り心地

続いて、砂利道にあえて乗り上げてみましたが、舗装路とほとんど変わらない感覚で路面の荒れを気にせず進んでいけます。サドルサスペンションと、ファットバイク特有のタイヤによる安定性の高さがグッと向上した印象です。

画像: 砂利道でも路面の荒れが気にならない乗り心地

砂利道でも路面の荒れが気にならない乗り心地

土の路面でも同じく、負担をほとんど感じずスムーズな漕ぎ出しで進むことができました。街乗りからオフロードまでを広くカバーしてくれるサドルの乗り心地に大満足です!

画像: 土の路面でも負担をほとんど感じずスムーズな漕ぎ出し

土の路面でも負担をほとんど感じずスムーズな漕ぎ出し

わずか2,000円程度の投資で、ここまで格段に乗り心地が改善され、安定したサイクリングを楽しめるとは思いませんでした。結果として、難点やデメリットも感じられず、万人におすすめできるアイテムだと実感しました。

画像: ちなみに知人のMTBのサドルも偶然ゴリックスGX-C19(チェレステ)でした。

ちなみに知人のMTBのサドルも偶然ゴリックスGX-C19(チェレステ)でした。

画像: ゴリックスのサドルはカラーが豊富なので、ボディカラーにぴったりのカラーが見つかる。

ゴリックスのサドルはカラーが豊富なので、ボディカラーにぴったりのカラーが見つかる。

まとめ

コスパ抜群のおすすめアイテム

今回は注目の自転車パーツブランド「GORIX」のサドルを実際に利用してみたレポートをお伝えしました。価格以上の性能が感じられる、コストパフォーマンス抜群のおすすめアイテムです。自転車ビギナーはもちろん、長距離巡航を行うサイクリング上級者の方もぜひ一度お試しください。

画像: 【自転車サドルのおすすめ】痛くない!ふかふかでおしゃれな格安サドル GORIX「GX-C19」実装レビュー
GORIX(ゴリックス)
自転車 低反発 サドル
GX-C19
▼バックは大きなラウンド形状なので、安定して長く座れる柔らかい低反発タイプのサドルです。▼底面以外の厚みは、厚手のクッション素材、張りのある柔らかい反発素材で、身体の重量や衝撃を和らげてお尻の痛みを軽減してくれます。(Amazon)

This article is a sponsored article by
''.