今回は電動工具の「ジグソー」についてご紹介します。DIYは、道具を揃えることによって、より快適になります。DIYがちょっとしたブームになっていることによって、最近では初心者向けのアイテムが登場しています。そんな中、さまざまなシーンで活躍してくれるマルチツールとして人気を集めているのがジグソーです。とはいえ、DIY初心者の方にとってはどんな風に使用する道具なのかピンと来ないという方も多いかもしれません。そこで、ここではジグソーについて詳しくご紹介します。

ジグソーとは?

ここでは、DIYを快適にしてくれるアイテムとして高い人気集めているジグソーとはどのような道具なのかをご紹介します。

画像: DIYを快適にしてくれるジグソーとは?(写真はイメージ/Pexels)

DIYを快適にしてくれるジグソーとは?(写真はイメージ/Pexels)

ジグソーの仕組みと使い方

ジグソーとは、主に木材などを切断するのに使用する電動工具のひとつです。木材を切断する電動工具といえば丸ノコが知られていますが、ジグソーとは大きく構造が異なります。

丸ノコは、刃を回転させることによって木材を切断するのに対して、ジグソーは刃を前後に往復させることによって切断する道具です。そのため仕組みとしては通常のノコギリに近いと言えるでしょう。

サイズ的に、丸ノコよりコンパクトですし、刃が細かく往復しますので木材の節などに当たってもキックバック(反動)などが発生する可能性も低く安全に使用できることから、DIY初心者の方にもおすすめです。

また、ジグソーには、木工用のみでなく金属用やプラスチック用の刃なども用意されていますので、さまざまな材質の切断に使用できるという点も特徴のひとつです。

ジグソーの選び方

ジグソーを選ぶ際に重要となるのが、「ストロークの回数」と「ストロークの幅」です。材質によって適切な回数と幅は異なります。木材によっても堅さは異なっており、ベストな回数、幅は違いますので、できれば調整可能なものがおすすめです。

また、刃が上下のみでなく横方向にも動くオービタル機能がついたものであれば、木材などをより早く切断することができます。

見落としてしまいがちですが、刃の交換方式も重要です。材質によって、刃を交換する機会も多いので、交換に手間のかかるネジ式よりもワンタッチ式の方がおすすめです。

その他、切り粉を飛ばしてくれるブロウ機能など、便利機能を搭載しているものも多いので付加機能もしっかりとチェックすることによって本当に使いやすいものを見つけることができるでしょう。

おすすめのジグソー3選

ここからは具体的に、おすすめのジグソーを3種類ピックアップしてご紹介します。

マキタ
JV0600K

電動工具メーカーとしては定番のマキタのジグソーです。ミドルクラスグレードのものでオービタル機能も搭載されていますので、木材などを効率的に切断することができます。

刃の交換も差し込むだけのワンタッチ方式になっていますので、さまざまな刃を使い分けたいという方も使いやすいでしょう。剛性の高いアルミサポートハウジングを搭載することによって耐久性も非常に高く、長く使用できるジグソーが欲しいという方におすすめです。

画像1: 【電動のこぎり】ジグソーのおすすめ厳選ベスト3!使い方や選び方、丸ノコとの違いをDIY初心者向けに解説
マキタ(Makita) ジグソー オービタル付 JV0600K
ミドルクラスの本格派ジグソー。
全高199mm 低重心ボディ。
新工具レスブレード交換。
高剛性アルミサポートハウジング採用。
ハイパワー 650W(消費電力)
軽 量2.3kg
オービタル3段+ストレート切替え。
ダイヤル式無段変速。
定規セット品付。半径170mmまでの円切りも可能。
アルミベース採用丈夫でサビにくい。
¥12,761
2021-02-01 9:53

 

ブラックアンドデッカー
KS701PE-JP

コストパフォーマンスに優れた電動工具で知られる、ブラックアンドデッカーのジグソーです。実売価格5000円前後という価格帯ながら、オービタ流記脳やストローク数の無段階調整機能が搭載されています。

さらに刃もワンタッチ交換式となっており、初心者の方がジグソーに求める機能の多くがしっかりと詰め込まれています。本体サイズもコンパクトかつ軽量なので取り回しもしやすく、DIY初心者の方にもぴったりな1台です。

これからDIYをはじめるにあたって、「できるだけ安価でしっかりと使えるジグソーが欲しい」という方や、「使用頻度はそれほど高くないのであまりお金をかけたくない」といった方にもおすすめです。

画像2: 【電動のこぎり】ジグソーのおすすめ厳選ベスト3!使い方や選び方、丸ノコとの違いをDIY初心者向けに解説
ブラックアンドデッカー コードレスジグソー 18V 本体のみ 【電池別売】 BDCJS18B
本体サイズ:幅26.5×奥行8×高さ21.5cm
本体重量:1.8kg
原産国:中国
定格電圧:18V
ストローク長:19mm
無負荷ストローク数:0~2500回/分
最大切断能力:木材=55mm、軟鋼=8mm、アルミ=20mm
切断角度調節:最大左右45度
付属品:木工用ジグソーブレード(10TPI)×1、木工用ジグソーブレード(6TPI)×1、木工曲線切断用ジグソーブレード×1、平行定規×1、六角レンチ(本体装着済)×1
保証期間:お買い上げ日より1年
¥6,384
2021-02-01 9:56

 

BOSCH(ボッシュ)
PST18LIN

最後にご紹介するのはプロフェッショナル向けの電動工具でも知られる、BOSCHのジグソーです。このアイテムの最大の特徴は、バッテリー駆動タイプなのでコードレスで使用することができるという点です。

18Vバッテリーを採用することによってコード式のものと同等のパワーを実現しています。電源が使えない屋外などで使用する機会が多いという方におすすめのモデルです。

もちろん、BOSCHの製品だけあって作りもしっかりとしており、本体の振動も少ないので耐久性も高く長時間使用していても疲れにくくなっています。

実売価格で2万円前後と、少し高いと思う方もいるかもしれませんが、その価格を超えるクオリティの商品に仕上がっています。「できるだけ長く愛用することのできるジグソーを求めている」という方は検討してみてください。

画像3: 【電動のこぎり】ジグソーのおすすめ厳選ベスト3!使い方や選び方、丸ノコとの違いをDIY初心者向けに解説
ボッシュ(BOSCH) 18V コードレスジグソー (2.5Ahバッテリー1個・充電器・キャリングケース付) PST18LIN
コード式1Vと同等のパワーを実現した18Vコードレスジグソーです。
パワフルながら、バランサー機構により低振動を実現。薄い材料から繊細な切断まで安定した切断作業が可能です。
ブレード(刃)の動きにしゃくり運動を加えるオービタル機能は4段階、けがき線をクリアに保つブロア機能、よく使うブレートを本体に収納できるブレード収納ケース等、便利な機能が満載。
軽量・コンパクトに加えて、より正確な直線切断をサポートする切断線ガイドが標準装備されています。
刃の交換は工具不要なのでラクラクできます。
※純正品でない互換バッテリーの使用は事故につながる恐れがあります。バッテリーはボッシュ純正品をお使いくだ...
¥15,970
2021-02-01 9:58

まとめ

DIY初心者の方にも使いやすく、安全性も高いことからジグソーへの注目度は近年高まっています。そこで今回はジグソーという工具の特徴や選び方、そしておすすめアイテムについてご紹介しました。これからDIY、特に木工にチャレンジしてみたいという方はまずはジグソーから購入してみてはいかがでしょうか。このアイテムがひとつあるだけでDIYの効率をより高めることができるでしょう。

This article is a sponsored article by
''.