ヘッドセットにはさまざまなタイプがあるが、「装着方式」「接続方式」「マイク性能」の三つのポイントを押さえておくと選びやすい。ここでは、わかりやすく解説していく。

オンライン会議で音が聞こえづらい、届きづらい

音声をクリアかつスムーズにやり取りするためには、やはりヘッドセットの使用がおすすめだ。ヘッドセットにはさまざまなタイプがあるが、「装着方式」「接続方式」「マイク性能」の三つのポイントを押さえておくと選びやすい。

●ヘッドセット選びの三つのポイント

装着方式インナーイヤ型やカナル型などもあるが、長時間の会話には
オーバーヘッド型のほうがベター。
接続方式ブルートゥースなどの無線接続は、ケーブル不要でストレス
なく使える。USBなどの有線接続は、音質劣化や遅延が起き
にくいのが特徴。
マイク性能オンライン会議用なら、ノイズキャンセリング搭載モデルが
おすすめ。また、音を拾う方向(指向性)の違いにも注目。

装着方式は、オンライン会議用なら耳全体を覆うオーバーヘッド型がおすすめ。しっかりとした装着感で音を聞きやすく、長時間の使用にも向いている。接続方式には、ブルートゥースなどの無線接続と、USBなどの有線接続がある。マイクは、「ノイズキャンセリング」を搭載したものを選ぶとノイズや騒音を低減できる。

●長時間の会話でも快適なヘッドセット

ロジクール
ワイヤレス ヘッドセットH800R
実売価格例:9470円

ノイズキャンセリングマイク搭載のブルートゥースヘッドセット。音のひずみを最小化し、クリアな音声を聞き取れる。重量はわずか120グラムで、長時間の使用も疲れない。

画像: オンライン会議で音が聞こえづらい、届きづらい

※価格は記事作成当時のものです。

■解説/宮下由多加(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.