スマホ決済の中でも独特の存在感を放っているメルペイ。「気になるけど使い方がわからない」「他のスマホ決済と何が違うの?」という方は多いはずです。そこで本記事では、メルペイの押さえておきたいメリット、知っておくべきデメリットについて解説します。売上金以外のチャージ方法についても触れているので、ぜひ参考にしてください。

メルペイの基本情報

メルペイとは、メルカリが手掛けるスマホ決済のことです。メルカリアプリ内に搭載されており、専用アプリをダウンロードする必要がありません。数あるスマホ決済の中でも、手軽に始められるといった特徴があります。

支払い方法に関しては、バーコード決済(QRコード決済)がメインです。コンビニや飲食店をはじめ、ドラッグストアやネット通販など、幅広いお店で利用できます。また「そもそもスマホ決済って何?」という方は、こちらも合わせてご覧ください。

メルペイの押さえておきたいメリット

メルペイには様々なメリットが存在します。しかし、新規ユーザーがすべてを把握することは難しいでしょう。ここでは、メルペイの絶対に押さえておきたいメリットを3つ解説します。ぜひ参考にしてください。

メルカリの売上金を利用できる

画像: メルカリの売上金を利用できる

メルペイでは、メルカリの売上金でポイントを購入できます。このポイントは、メルペイでの支払いに1ポイント=1円として利用可能です。つまり1万円の売上金がある場合、実質1万円分のメルペイ残高を保有していることになります。

また、メルペイ以外のスマホ決済の場合、クレジットカードの利用が前提となるケースがあります。例えばPayPayを有効活用するためにはヤフーカードが、楽天ペイでは楽天カードが必要です。

しかし、メルペイには「不用品を残高に変えられる」という強みがあります。カードいらずで利用できる魅力的なスマホ決済です。

スマートメルペイ払いが便利

「スマートメルペイ払い」とは、メルペイの支払い方法の1つです。簡単に説明すると後払い機能のことで、1ヵ月分の利用金額を翌月にまとめて清算できます。

例)8月1日~8月31日に3万円利用→9月1日~9月30日の間にまとめて支払い

メルカリでの買い物はもちろん、その他サービスや店舗も対象です。「メルペイを利用したいけど売上金が足りない」という方は、スマートメルペイ払いを利用してみてください。

また清算方法に関しては「自動引落」「メルペイ残高」「コンビニ/ATM」の3種類用意されています。中でもおすすめなのが、手数料無料の自動引落です。清算日を11日・16日・26日から指定でき、銀行口座から自動で引き落とされます。

スマートメルペイ払いの設定方法に関しては、メルペイの公式サイトを参考にしてください。

キャンペーンやクーポンが魅力的

画像: キャンペーンやクーポンが魅力的

メルペイはキャンペーンにも力を入れています。具体的には「メルペイスマート払いで50%還元」や「特定の口座登録で1,000ポイントプレゼント」などです。クーポンにも力を入れており、「ココカラファインで200円引き」「吉野家で200ポイント還元」など、様々なジャンルの店舗を幅広くカバーしています。

知っておくべきメルペイのデメリット

魅力的なスマホ決済のメルペイですがデメリットも存在します。ここでは、知っておくべきメルペイのデメリットについて解説するので参考にしてください。

通常時のポイント還元率が0

メルペイには、通常時のポイント還元制度が存在しません。他のスマホ決済と比較すると、ポイント分だけ損をした気分になる可能性があります。

例えばLINE Payのプラチナランク会員が5,000円分利用すると、5,000円×3.0%=150円分のLINEポイントを獲得できます。しかし、メルペイの場合はいくら利用してもポイントが付与されません。「ポイント還元でお得にスマホ決済を利用したい」という方には、PayPayやLINE Payをおすすめします。

※キャンペーン等でポイントを獲得できるチャンスはあります。

クレジットカードからチャージできない

画像: クレジットカードからチャージできない

メルペイはクレジットカードからチャージできません。クレジットカード自体を登録できないからです。メリットの点で「クレジットカードいらず」と触れましたが、普段からカードメインで生活している方の場合、少し不便に感じる可能性があります。

ただ、メルペイは銀行口座からのチャージには対応しています。「売上金がないけどすぐにチャージしたい」という方は、銀行口座を利用するといいでしょう。登録できる金融機関に関しては、メルカリガイドを参考にしてください。

メルペイのチャージ方法について

売上金によるポイント購入以外にも、メルペイには残高へチャージする手段が存在します。具体的にはセブン銀行ATMと銀行口座の2種類で、チャージまでの流れを簡単にまとめると下記の通りです。

銀行口座

  1. メルカリアプリから「メルペイ」をタップ
  2. 「チャージ(入金)」をタップ
  3. 口座とチャージ金額を選択
  4. 「チャージする」をタップ
  5. 完了

セブン銀行ATM

1. ATM画面の「スマートフォンで取引」をタップ
2. メルカリアプリの「メルペイ」をタップ
3. 「読み取り」をタップ
4. ATM画面のQRコードを読み取る
5. 企業番号を入力
6. チャージ金額を選択、投入
7. 完了

詳細を画像付きでチェックしたい方は、メルペイの公式サイトを参考にしてください。

メルペイについてのまとめ

今回は、メルカリのスマホ決済「メルペイ」について解説しました。押さえておきたいメリット、注意すべきデメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • メルカリの売上金を利用できる
  • スマートメルペイ払いが便利
  • キャンペーンやクーポンが魅力的

【デメリット】

  • 通常時のポイント還元率が0%
  • クレジットカードからチャージできない

メルペイを利用すれば、メルカリの売上金で買い物を楽しむことができます。しかし、通常時のポイント還元制度が存在せず、クレジットカードからのチャージもできないので、不便に感じる方もいるはずです。

メルカリユーザーをはじめ、クレジットカードなしで利用できるスマホ決済を検討中の方におすすめします。

This article is a sponsored article by
''.