じわじわと人気が高まりつつあるビールのサブスク。おうち時間が増える中、気になっている方も多いはずです。そこで本記事では、おすすめできるビールのサブスクを3種類ご紹介します。料金プランやサービス内容も比較しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめできるビールのサブスク3選

ここでは、おすすめできるビールのサブスクを3種類ご紹介します。それぞれ特徴があるので、これを機にサービス内容等を押さえておきましょう。

キリン
ホームタップ

画像: hometap.kirin.co.jp
hometap.kirin.co.jp

「キリン ホームタップ」とは、大手飲料メーカーのキリンビールが手掛けるサブスクです。毎月2回、ビールの入った容器を自宅に届けてくれます。

最大の特徴は専用のビールサーバーを利用する点。ビールの入った容器をサーバーにセッティングした後、タップを傾けてグラスに注ぐ仕組みになっています。クリーミーな泡立ちを感じられるビールを自宅にいながら楽しめるでしょう。

料金プランは「月4Lコース(月額8,250円~)」と「月8Lコース(12,430円~)」の2種類です。ビール1杯(約330ml)あたりの値段は、月4Lコースが421円(税込)、月8Lコースは385円(税込)になります。

市販の缶ビールと比較すると高めですが、居酒屋の生ビールよりはお手頃です。ビールサーバー代、備品代、ビールの配送料などコミコミの価格なので、お得感もあります。

 

Otomoni(オトモニ)

画像: otomoni.beer
otomoni.beer

「Otomoni(オトモニ)」は、クラフトビールの飲み比べセットを配達してくれるサブスクです。配送ペースは2週間に1回で、価格は6本セットで4,378円(税込)に設定されています。

最大の特徴は、クラフトビールの圧倒的なバリエーションです。季節やユーザーの好みに合わせて、約1,400種類の中からセレクトされた銘柄を楽しめます。6本セット以外にも12本セット、はしご酒セットなども用意されており、幅広い方のニーズを満たしてくれるでしょう。

また、Otomoni(オトモニ)ではギフトセットを購入できます。飲んでみておいしかったクラフトビールをプレゼントすることが可能です。

 

ヤッホーブルーイング
ひらけ!よなよな月の生活

画像: yonasato.com
yonasato.com

「よなよな 月の生活」とは、クラフトビール通販の「よなよなの里」が手掛けるサブスクです。定番の6種類+限定2種類の合計8種類から、お好きな缶ビールを組み合わせて注文できます。

料金プランに関しては、「2ヵ月で24缶コース(2ヵ月で6,620円)」「毎月24缶コース(月額6,450円)」「毎月48缶コース(月額12,306円)」の3種類です。1本当たり約260円から楽しめるので、ビールのサブスク入門としておすすめします。

また、「よなよなの里」ではクラフトビールの通販も行っています。いきなりサブスクから始めるのが不安な方にぴったりでしょう。

どれがおすすめ?ビールのサブスクを比較!

「キリン ホームタップ」「Otomoni(オトモニ)」「よなよな 月の生活」、結局どれがおすすめか気になりますよね。ここではビールのサブスクを3項目で比較し、どのような方にピッタリかを解説します。

ビール1杯あたりの価格は「よなよな 月の生活」が最安値

ビール1杯あたりの価格を比較した場合、「よなよな 月の生活」が最安値です。

サブスクの種類1杯(約350ml)の価格
キリン ホームタップ385円~
Otomoni(オトモニ)クラフトビールによって変動
よなよな 月の生活約260円~

Otomoni(オトモニ)は瓶ビールが多いので、1杯あたりの正確な価格は分かりません。ただ、画像から判断するに1杯260円以下になる可能性は低いでしょう。結論、コストを抑えながらビールのサブスクを楽しむ場合、「よなよな 月の生活」がおすすめです。

ラインナップの多さなら「Otomoni(オトモニ)」が最強

「いろいろなビールを試したい」「クラフトビールに詳しくなりたい」という方の場合、Otomoni(オトモニ)をおすすめします。約1,400種類の中から銘柄をセレクトしてくれるので、新たな出会いを体験できるでしょう。

ただ、「キリン ホームタップ」も季節限定のビールを用意しており、そこまでバリエーションに悩むことはありません。「よなよな 月の生活」も合計8種類のクラフトビールが存在するので、味比べなどを楽しむことが可能です。

やっぱり定番がいいなら「キリン ホームタップ」

画像: やっぱり定番がいいなら「キリン ホームタップ」

「クラフトビールより定番のビールがいい」という方なら、「キリン ホームタップ」がぴったりでしょう。専用のビールサーバーを利用することで、クリーミーな泡が特徴的な定番ビールを楽しめます。

また、定番ビールのサブスク関連で押さえておきたいのがアサヒビールです。2021年5月からサブスクのスタートを予定しています。細かい料金プラン等は不明ですが、気になる方はチェックしておきましょう。

ビールのサブスクについてのまとめ

今回は、少しづつ知名度が高くなっているビールのサブスクについてご紹介しました。具体的には「キリン ホームタップ」「Otomoni(オトモニ)」「よなよな 月の生活」の3種類です。

定番ビールがお好きな方は、「キリン ホームタップ」をおすすめします。専用ビールサーバーを利用し、泡立ちの優れたビールを楽しめるでしょう。また、ラインナップの多さなら「Otomoni(オトモニ)」、価格の安さなら「よなよな 月の生活」が優れています。

おうち時間をちょとだけ贅沢にしてくれるビールのサブスク。いつも頑張っている自分にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

This article is a sponsored article by
''.