城下工業が、USB DAC「SWD-DA15」を発売した。コンパクト設計でデスクトップに気軽に設置できるのが特徴。DACチップには、ESS社製の「ES9018K2M」を採用しており、ハイレゾ音源を高品位に再生できる。

城下工業
SWD-DA15

●価格:6万4800円

城下工業が、USB DACの最新モデル「SWD-DA15」を発売した。幅146ミリ×奥行き165ミリ×高さ40ミリのコンパクト設計で、デスクトップに気軽に設置できるのが特徴。

画像1: 城下工業 SWD-DA15

DACチップには、ESS社製の「ES9018K2M」を採用しており、DSD11.2Mヘルツ、PCM384kヘルツ/32ビットまでのハイレゾ音源を高品位に再生できる。サンプリングレートコンバーターを内蔵しているから、アップサンプリングやフォーマット変換(PCM⇔DSD)も可能だ。新たなUSBデータ転送方式「Bulk Pet」にも対応している。ヘッドホン出力も搭載。

画像2: 城下工業 SWD-DA15

●問い合わせ先:城下工業 0268-22-0612

※この記事は『特選街』2021年6月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.