【エアコンの掃除】フィルター掃除機能が付いていれば掃除は不要?業者に頼まなくて大丈夫?

空調家電

本格的なエアコン内部の掃除(多くの場合は付着したホコリやカビの除去)は、エアコンの分解を伴うもので、ユーザーが自分で行うのはほとんど不可能といえる作業だ。そのため、一般的にはエアコン清掃業者に依頼することになる。

空調 疑問と悩み
フィルター掃除機能付きエアコンであれば、自分で掃除する必要はまったくない?

エアコンの自動掃除機能には、大きく分けてフィルターの自動掃除機能と、熱交換機の自動洗浄機能の2種類があり、両方を装備している機種もあります。

いずれの機能も、ユーザー自身がエアコンを掃除する手間を減らしてくれる効果はありますが、かといって、エアコンの寿命がくるまで、まったく掃除が不要になる、というわけではありません。

エアコン外観の汚れ、ホコリの付着に拭き掃除が必要なのは当然ですが、最新モデルであっても、2~3年程度(吹き出す風が臭くなってきたら)ごとに、内部の掃除が必要となります。

しかし、本格的なエアコン内部の掃除(多くの場合は付着したホコリやカビの除去)は、エアコンの分解を伴うもので、ユーザーが自分で行うのはほとんど不可能といえる作業です。そのため、一般的にはエアコン清掃業者に依頼することになります。

専門業者に依頼して掃除してもらうわけですから「自分で掃除する必要」はありませんが、自動清掃機能付きのエアコンでも、数年ごとに大掃除は必要です。

日ごろの掃除の手間は大幅に省けるが、数年ごとの大がかりな掃除は必要。自分でやるよりエアコン清掃業者に依頼したほうがいい。

■解説/福多利夫(フリーライター)

空調家電知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース