ここでは、アナログLPで続々登場している和製ポップスの新譜を紹介しよう。令和の時代とマッチし、“シティ・ポップ感”を発する作品たちだ。

[別記事:【アナログレコードが本格的に復活】若手ミュージシャンの新譜続々!特選街の著者4人が語る「レコードとの思い出」→

レコードは音のよさなども若い世代に好評!

「シティ・ポップ」は和製英語で、海外ではこの言葉では通じないが、日本発の都会的なポップスということになる。ここでは、アナログLPで続々登場している和製ポップスの新譜を紹介しよう。令和の時代とマッチし、“シティ・ポップ感”を発する作品たちだ。

話題の新譜としてまず挙げたいのは、宇多田ヒカルの「One Last Kiss」。入荷即完売という飛び切りの人気盤だ。話題のアニメ映画「シン・エヴァンゲリオン 劇場版」に提供した楽曲すべてを収録。表題曲の「One Last Kiss」はその主題歌となる。シンプルで伸びやかなボーカルが気持ちいい、国内のアナログ盤は売り切れのため、逆輸入のUS盤をお求めいただきたい。

今どきのアーティストではあいみょんいきものがかりも魅力的な作品をリリースしている。アナログ化されたあいみょんの「君はロックを聴かない/青春と青春と青春」は、強く透明な声がまっすぐ届く感じだ。 いきものがかりはオリジナルアルバム7作を一挙LPレコード化したコレクターアイテムがある。「レコー丼~超七色大盛り~」がそれ。音質にこだわった180グラム重量盤で、14枚組みの超大盛りだ。ファンにとっては永久保存盤。

さらに、シティ・ポップ系のくくりでも幅を広げて見ていこう。吉田美奈子の「扉の冬」は往年の名盤のリマスターだが、個性豊かなボーカル表現が最新のアナログサウンドで聴ける。

ファンク・ロック系のリスナーなら、銀杏BOYZの「ねえみんな大好きだよ」はどうだろう。白色盤の2枚組みだ。

ほかにも、Tempalayの「ゴーストアルバム」やPOPS研究会のLP作品など、アナログ好きに聴いてほしい盤は多い。広くアンテナを張っておこう。

レコードの新譜は確実に増えている。新作から復刻盤まで目白押し!

宇多田ヒカル「One Last Kiss」(US盤)
ソニーミュージック(エピック)
価格:3300円

画像: 新曲「One Last Kiss」など、「シン・エヴァ」関連曲を1枚に収めた。

新曲「One Last Kiss」など、「シン・エヴァ」関連曲を1枚に収めた。

吉田美奈子「扉の冬 BOX SET」
ソリッドレコード
価格:1万1000円

画像: 「外はみんな」「週末」などが収録され、吉田美奈子の世界感にひたれるセットだ。

「外はみんな」「週末」などが収録され、吉田美奈子の世界感にひたれるセットだ。

銀杏BOYZ「ねえみんな大好きだよ」
初恋妄℃学園
価格:4400円

画像: 昨年10月にリリースしたCDのLP化。ホワイトヴァイナル(白色盤)が新鮮だ。

昨年10月にリリースしたCDのLP化。ホワイトヴァイナル(白色盤)が新鮮だ。

※価格は記事作成時のものです。

■解説/林 正儀 (AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.