スマホと同じAndroidをベースとしたテレビ用のOSがAndroid TVだ。もともとGoogle TVの名称でスタートしたが、2014年ごろからAndroid TVとして本格的な普及が始まる。さらに、ソニーの2021年モデルでは、新しい機能としてGoogle TVという名称が復活した。

Androidをベースにしたテレビ用のOS

今のテレビには、録画機能や、多彩な動画配信サービスを含めたネット機能などを快適に操作するため、パソコンやスマホと同じくOSが搭載されている。スマホと同じAndroidをベースとしたテレビ用のOSがAndroid TVだ。もともとGoogle TVの名称でスタートしたが、2014年ごろからAndroid TVとして本格的な普及が始まる。さらに、ソニーの2021年モデルでは、新しい機能としてGoogle TVという名称が復活した。

Android TV搭載機は、音声操作ができる「Googleアシスタント」が大きな魅力。また、ネット動画やゲームアプリのインストールも可能だ。

アプリが並ぶAndroid TVのホーム画面

現行のシャープ製4KテレビはすべてAndroid TV対応

画像: (写真は有機ELの4T-C55DS1)

(写真は有機ELの4T-C55DS1)

音声操作の「Googleアシスタント」が使える!

東芝のX8900Kシリーズでは、リモコンや本体に話しかけると番組検索ができ、結果が画面に表示される。

画像: ● 音声操作の「Googleアシスタント」が使える!

Android TVの搭載機は今、増加中

最近まで、国内の主要なメーカーでAndroid TVを採用しているのは、シャープやソニーくらいだったが、東芝は2021年モデルのX8900KシリーズとZ670Kシリーズで初めてAndroid TVを採用した。また、最近ではプロジェクターにも搭載モデルが増えている。

画面メニューのデザインは各社共通となり、多彩なアプリが使えるのも同じ。ただし、テレビとしてはEPG(電子番組表)や録画機能などは各社で異なるのはもちろんだ。なお、ソニーのA90JシリーズやX95JシリーズなどのブラビアXRシリーズは、Android TVの一種であるGoogle TVという新しいUIを採用しているが、こちらも、やれることはほぼ同じだ。

Android TV搭載機の例

東芝・55X8900K。「OK、グーグル」と話しかけてテレビの操作ができる。

画像1: ● Android TV搭載機の例

ソニーはA90JシリーズなどがGoogle TVと呼ばれる新UIを使っている。

画像2: ● Android TV搭載機の例

エプソン「EH-LS500B」など、家庭用プロジェクターにもAndroid TV搭載機が登場している。

画像: エプソン「EH-LS500B」

エプソン「EH-LS500B」

◆解説/鳥居一豊(AVライター)

This article is a sponsored article by
''.