4Kテレビは同サイズの2Kテレビより電気代がかかるって本当?

家電・AV

テレビの電気代は液晶か有機ELか、フルHD(2K)か4Kかで消費電力は異なってくる。専門家に聞いたところ、同じサイズのパネルでは、液晶より有機ELのほうが、2Kより4Kのほうが電気代がかかるということだ。この機会に覚えておこう。

AV
4Kテレビは同サイズの2Kテレビに比べて電気代がかかるって本当?

テレビの電気代は液晶か有機ELか、フルHD(2K)か4Kかで消費電力は異なります。シャープの製品で比較してみると、42V型の2K液晶テレビ「2T-C42BE1」の消費電力は約85ワット、42V型の4K液晶テレビ「4T-C42DJ1」の消費電力は約165ワット、48V型の4K有機ELテレビ「4T-C48CQ1」の消費電力は270ワットとなっています。

4K有機ELはパネルが大きいという不利がありますが、2K液晶に比べて約3.2倍も消費電力大きいことがわかります。つまり、同じサイズのパネルでは、液晶より有機ELのほうが、2Kより4Kのほうが電気代がかかるといえるでしょう。

AV
ビデオデッキやDVDレコーダーは長期間放置するのはよくない?

これは電源につないでいる状態とつないでいない状態とで、長期間放置によって傷む部分が異なります。電源につないでいる状態では、内部の電気基板上の部品、特に電界コンデンサーという部品が経年劣化し、15年ほどで寿命を迎えてしまいます。

電源をつないでいない状態では、10年程度で駆動部分、回転部分が固着してしまい、作動しなくなります。内蔵されるHDDも回転部分の固着が起きます。

いずれにしろ長期間放置は機械にとってよくないので、使わない機器でも1年に1度は通電作動させて、状態をチェックしたいところです。また、季節による温度差のない場所で保管することも重要です。

◆解説/福多利夫(フリーライター)

家電・AVテレビ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース