パナソニックは、換気・加湿・新除湿の機能を持った室外機と、新「ナノイーX」を搭載したルームエアコン「Eolia」(以下エオリア)LXシリーズ(2022年モデル)を発売した。

パナソニック
「エオリア」LXシリーズ

●実売価格:14畳用=38万9400円程度、18畳用=42万3500円程度、20畳用=45万1000円程度、23畳用=47万3000円程度、26畳用=49万5000円程度、29畳用=51万7000円程度

「換気・加湿・新除湿」機能で、部屋の空気の清潔性と快適性を向上させたルームエアコン

パナソニックは、換気・加湿・新除湿の機能を持った室外機と、新「ナノイーX」を搭載したルームエアコン「エオリア」LXシリーズを発売した。

画像: 「換気・加湿・新除湿」機能で、部屋の空気の清潔性と快適性を向上させたルームエアコン

「エオリア」LXシリーズは、業界で初めて室外機に、水分を吸湿させる素材として「高分子収着材」を搭載。高い吸湿力を持つ「高分子収着材」は、暖房時には外気の水分を取り込み室内へ送ることで、給水の手間なく部屋を加湿し、暖房時の最大の不満点である乾燥を防いでくれる。除湿時には乾燥させた外気を室内へ送る「ドライ給気制御」で、寒くなりにくい快適な除湿を実現。換気機能も搭載しているから、温度・湿度をコントロールしながら、新鮮な空気を部屋の中に取り込むこともできる。

また、ナノイー史上最速で部屋の有害物質を抑制する、新「ナノイーX」を搭載。新「ナノイーX」を活用した内部クリーン運転では、エアコン内部のカビ菌の除菌まで可能にしている。

さらに「エオリア アプリ」も進化。新たに「シーン推定自動運転機能」を追加し、スマートフォンのGPSや本体センサーのデータを活用し、帰宅前や就寝時のシーンを推定してそれぞれに合わせた最適な運転を自動で行ってくれる。

主な特徴

業界初!室外機に「高分子収着材」を搭載。「換気・加湿・新除湿」機能で、部屋の空気の清潔性と快適性を向上

業界で初めて室外機に「高分子収着材」を採用。「高分子収着材」は、膜素材が膨らむことでたっぷりと水分を吸湿し、一般的な吸湿素材に比べても低温でしっかりと水分を放出できるのが特徴。外気に含まれる水分を吸湿して、低温ですばやく取り出し室内に送ることで、給水の手間なくスピーディに部屋の加湿が可能になった。

室外機に「換気・除加湿」ユニット搭載

画像1: 【パナソニック】加湿のできるエアコン「エオリア LXシリーズ」IoT技術を活用した自動運転機能に注目!
画像2: 【パナソニック】加湿のできるエアコン「エオリア LXシリーズ」IoT技術を活用した自動運転機能に注目!

また、「高分子収着材」で、外気から水分を取り除いた乾燥させた空気を部屋へ給気し除湿する「ドライ給気制御」により、室温を下げすぎずに湿度を下げることを可能にした。さらに、換気機能も搭載し、冷房・暖房・除湿運転しながら、新鮮な空気を部屋に取り込むことができる。

ナノイー史上最速で有害物質を抑制する新「ナノイーX」搭載。新「ナノイーX」内部クリーン運転でエアコン内部のカビ菌を除菌

OHラジカル量がナノイー比100倍に進化した新「ナノイーX」を搭載。室内の有害物質の抑制スピードがアップし、従来モデルと比べても、花粉や脱臭の抑制時間が約1/4に、カビ菌の抑制時間は約1/3を実現した。また、新「ナノイーX」を活用した内部クリーン運転では、エアコン内部に付着したカビ菌の除菌まで可能にしている。

画像1: 主な特徴

「シーン推定自動運転機能」搭載。IoT技術を活用し、帰宅前や就寝時のシーンに合わせた快適な自動制御を実現

「エオリア」は、業界に先駆けてアプリを活用したスマートフォンでの遠隔操作を可能にしてきたが、今回新たに「シーン推定自動運転機能」を搭載した。スマートフォンのGPSで帰宅を検出すると、自動でエアコンを運転を開始するなど、事前に部屋を快適にしてくれる。

また、エアコン本体の照度センサー情報から、寝室への入室時間や入眠時間をAIが学習。寝室入室前にはエアコンオンをオススメしたり、入眠時には自動で睡眠に適した温度に調整することもできる。それぞれのシーンに合わせた制御を追加し、外出先からでも宅内からでも、より便利で手軽に快適環境を実現してくれる。

画像2: 主な特徴

●問い合わせ先:パナソニック 0120-878-692

※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.