あさひは、電動アシスト自転車ブランド「ENERSYS(エナシス)」より、シニア向けモデルとして「ENERSYS Life」(20インチ)を発売した。特徴は、乗り降りする際にまたぎやすいL型フレームを採用し、脚回りのスペースを大きく確保したこと。低床設計で足つきをよくすることで安定感を向上させている。

あさひ
ENERSYS Life

●価格:10万5800円

自然なアシストで初めてでも恐くないシニア向け電動アシスト自転車

あさひは、電動アシスト自転車ブランド「ENERSYS(エナシス)」より、シニア向けモデル「ENERSYS Life(エナシスライフ)」(タイヤサイズ:20インチ)を発売した。最大80キロのアシスト走行が可能。カラー展開は、ブラウンとネイビーの2色。

画像: ネイビー

ネイビー

電動アシスト自転車「ENERSYS Life」は、シニア世代のために安全性と快適性を考えた電動アシスト自転車だ。シニア世代の自転車走行は低速で走るためハンドルがふらつきやすいことから、発進時の滑らかな加速と低速時の安定感を考慮したアシストプログラムを独自で設計。初めて電動アシスト自転車に乗る人も安心して乗ることができる。

また、自転車に乗り降りする際、足を上げてまたぐ動作によってバランスを崩すことを防ぐため、中央のフレームを地面と水平にし、足の通るスペースを広く確保した。足先がフレームとぶつかりにくく、低い位置でサッと足を通せるため、転倒の危険性が低減されている。

主な特徴

L型フレーム設計
またぎやすいL型フレームを採用することで、脚まわりりのスペースを大きく確保している。低床設計だから足つきが良く、ふらつきやすい漕ぎ出し時や停車時も安心だ。

画像1: 主な特徴

液晶スイッチパネル
「バッテリー残量」「アシストモード」「スピードメーター」「残り走行可能距離」が分かる液晶スイッチパネル。携帯電話等の充電が可能なUSBポートも付いている。

画像2: 主な特徴

楽な姿勢で乗れるハンドル形状
シニア世代の体格を考えて、自然な角度でグリップを握ることができるように設計されている。そのことにより手首に負担の掛かりにくいハンドルになっており、楽な姿勢で乗車できるため快適な走行が可能だ。さらに、柔らかいふわふわサドルを採用しているから、お尻が痛くなりにくく、体に優しくフィットしてくれる。

画像3: 主な特徴

軽々スタンド
車体を持ち上げることなく、端を踏むだけで立てられる軽々スタンド。

画像4: 主な特徴

大型樹脂バスケット
多くの荷物が積める大型樹脂バスケット。底面はカバンの紐や小物が落ちにくい設計になっている。

画像: バスケットサイズ:幅410ミリ×高さ240ミリ×奥行き320ミリ

バスケットサイズ:幅410ミリ×高さ240ミリ×奥行き320ミリ

●問い合わせ先:あさひ 0120-177-319

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.