一体型のプリメインアンプからセパレート型アンプへの乗り替えが、密かな人気となっている。繊細な情報を扱うプリアンプと、大電力でスピーカーを駆動するパワーアンプは、もともと役割が違う。その"静"と"動"を、別々の筐体に切り離し、互いの干渉をなくそうというのがセパレート型アンプの考え方だ。

アンプは、プリとパワーを分けたセパレート型が密かな人気

一体型のプリメインアンプからセパレート型アンプへの乗り替えが、密かな人気となっている。繊細な情報を扱うプリアンプと、大電力でスピーカーを駆動するパワーアンプは、もともと役割が違う。その"静"と"動"を、別々の筐体に切り離すことにより、互いの干渉(ノイズや振動など)をなくそうというのがセパレート型アンプの考え方である。

もう一つのメリットは、プリとパワーで自由な組み合わせ=音の違いが楽しめること。メーカーを替えたり、思いきって、プリはトランジスタ式、パワーは真空管式にするというのも楽しい。一例として、ティアックのプリアンプとラックスマンの真空管式ステレオパワーアンプを掲載したが、ショップで実際に音を聴かせてもらうといいだろう。

USB DACやネットワーク機能搭載のプリアンプ

USB DACやネットワークプレーヤーとしての機能を備えた新世代のアナログプリアンプ。左右独立の電源回路、全段フルバランス伝送などこだわりぬいた設計。

ティアック
UD701N
実売価格例:38万2800円

画像1: アンプは、プリとパワーを分けたセパレート型が密かな人気

KT88採用の真空管パワーアンプ

モダンクラシカルなたたずまいの真空管パワーアンプ。伝統あるOY-15型出力トランスと電源部。出力管は力強く厚みのある音色のJJ(スロバキア)製KT88。

ラックスマン
MQ88uC
実売価格例:40万7550円

画像2: アンプは、プリとパワーを分けたセパレート型が密かな人気

※価格は記事作成当時のものです。

■解説/林正儀(AV評論家)

画像: この記事は『大人のオーディオ大百科2021』(マキノ出版)に掲載されています。 www.amazon.co.jp

この記事は『大人のオーディオ大百科2021』(マキノ出版)に掲載されています。

www.amazon.co.jp

This article is a sponsored article by
''.