ここでは、音楽配信サービスに対応したコンポ機器を大きく三つのリスニングスタイルを想定し、システムを提案してみたい。まず、最もオーソドックスなのが、Wi-Fiに対応し、自ら音楽配信サービスを受けて再生できるプリメインアンプとスピーカーの組み合わせだ。

配信サービス対応のコンポが各社から続々登場

音楽配信サービスは、スマホとイヤホン/ヘッドホンの組み合わせで楽しむケースが多いと思うが、最近は、各種配信サービスに対応したコンポ機器が各社から登場している。

こうした製品を活用することで、ニュアンスに富んだ生々しい歌声が満喫できたり、聴き手を覆い包むような芳醇な響きが体験できたりと、音楽ストリーミングの可能性は大きく広がることになる。しかも、昨今はCDと同等か、それ以上の高音質で配信するサービスが注目を集めていて、その持ち味を生かす意味でもスピーカー再生はもってこいだ。

ここでは大きく三つのリスニングスタイルを想定して、システムを提案してみたい。まず、最もオーソドックスなのが、Wi-Fiに対応し、自ら音楽配信サービスを受けて再生できるプリメインアンプとスピーカーの組み合わせだ。

昨今は、海外、国内のブランドを問わず、手ごろでクオリティの高いプリメインアンプが続々と登場している。最大の魅力は、自分の手持ちの(あるいは、好みの)スピーカーが自由に選べること。また、スマホで操作でき、小型アンプなら本体が隠れるようなセッティングも可能だ。

ネットワーク対応プリメインアンプ

ヤマハ
WXA-50
実売価格例:4万8030円

ヤマハ独自の「MusicCast」に対応。鮮度の高いサウンド
薄型で横幅もコンパクト、縦置きセッティングも可能なプリメインアンプ。本体は小ぶりだが、ヤマハ独自のネットワーク再生機能「MusicCast」をサポートし、落ち着きのある、鮮度の高いサウンドを描き出す。パワーアンプ非内蔵のWXC-50も選べる。

画像: ●幅214㎜×高さ51.5㎜×奥行き251.4㎜ ●1.94kg

●幅214㎜×高さ51.5㎜×奥行き251.4㎜
●1.94kg

プライマー
I15 PRISMA
実売価格例:25万6500円

ネットワーク再生に対応するほか、USB DAC機能も搭載
スウェーデンの高級オーディオメーカー、プライマーが手がけた多機能プリメインアンプだ。ハイレゾ音源が楽しめるネットワーク再生機能、USB DAC機能に加えて、Spotify Connect、AirPlayまで対応。落ち着きのある自然体のサウンドが持ち味だ。響きが緻密で、濁りがない。

画像: ●幅350㎜×高さ73㎜×奥行き329㎜ ●6.4kg

●幅350㎜×高さ73㎜×奥行き329㎜
●6.4kg

エラック
DS-A101-G
実売価格例:13万6620円

コンパクトな本体に多機能を盛り込みつつ、音質を追求
コンパクトな本体に多彩な機能を盛り込みつつ、音質を追求したプリメインアンプだ。専用アプリによるネットワーク再生に加え、Spotify Connect、AirPlayなどに対応。ジャズ、クラシックと各楽器の響きを生々しく表現する。

画像: ●幅214㎜×高さ60㎜×奥行き313㎜ ●2.8kg

●幅214㎜×高さ60㎜×奥行き313㎜
●2.8kg


スペース効率のよさを求めるなら、スピーカー本体だけで音楽配信サービスを受けて再生できるネットワークスピーカーがおすすめ。アンプやプロセッシング回路はスピーカー内に収められているため、配線は電源ケーブルを接続するだけ。電源操作、音量調整はもとより、選曲もスマホで自由自在だ。

ネットワークスピーカー

ラックスマン
ASC-S5
実売価格例:8万6240円

老舗、ラックスマンの注目作。歪み感のないサウンドが持ち味
老舗オーディオメーカー、ラックスマンの注目作。AirPlayやブルートゥース(aptX HD)によるワイヤレス再生に対応しつつ、「Amazon Music」「Spotify」「Deezer HiFi」などのストリーミング再生も楽しめる。歪み感のない、ハイファイ調のサウンドが持ち味。

画像: ●幅150㎜×高さ250㎜×奥行き170㎜ ●4.0kg

●幅150㎜×高さ250㎜×奥行き170㎜
●4.0kg

KEF
LSX
実売価格例:16万4970円

Wi-Fi対応。ゆったりとした落ち着きのあるサウンド
英国のKEFが送り出す人気のワイヤレススピーカー。Wi-Fi対応で、ネットワーク再生、スマホ/タブレット内の音源の再生、さらにSpotify ConnectやAirPlay 2までサポートする。ゆったりとした落ち着きのあるサウンドは聴きごたえ十分。

画像: ●幅155㎜×高さ240㎜×奥行き180㎜ ●3.6kg/3.5kg

●幅155㎜×高さ240㎜×奥行き180㎜
●3.6kg/3.5kg


音楽配信サービスだけでなく、CD再生やAM/FM放送の受信まで楽しみたい場合は、一体型コンポで決まりだ。音楽配信だけでなく、もっと幅広く、いろいろなメディアを楽しみたいという声も根強く、時には手持ちのCDを聴くのもいいし、ラジオを楽しむのも悪くない。

最先端の音楽配信サービスに対応した新世代のミニコンポは、オーディオ再生に求められるほとんどの機能を備えた "小さな巨人"だ。

ネットワーク対応一体型コンポ

テクニクス
OTTAVA f SC-C70MK2
実売価格例:11万円

CDプレーヤー、FM/AMラジオを装備。ハイレゾ再生も可能
CDプレーヤー、FM/AMラジオを装備。Googleの「Chromecast built-in」に対応し、多彩な音楽配信サービスを楽しむことができる。さらに、ネットワーク/USBメモリーによるハイレゾ再生も可能だ。声の定位が明確で、響きも癖がなくナチュラル。

画像: ●幅450㎜×高さ143㎜×奥行き280㎜ ●8.0kg

●幅450㎜×高さ143㎜×奥行き280㎜
●8.0kg

マランツ
M-CR612
実売価格例:6万2510円

画像: ●幅280㎜×高さ111㎜×奥行き303㎜ ●3.4kg

●幅280㎜×高さ111㎜×奥行き303㎜
●3.4kg

CDコンポと小型2ウェイの組み合わせ
「Spotify」「Amazon Music HD」「AWA」など、人気の音楽配信をサポートした一体型CDコンポの「M-CR612」と、小型2ウェイの人気スピーカー、「OBERON 1」の組み合わせ。声の質感の高さ、楽器の響きの緻密さなど、その素性のよさは折り紙付きだ。

ダリ
OBERON 1
実売価格例:6万2700円

画像: ●幅162㎜×高さ274㎜×奥行き234㎜ ●4.2kg(1台)

●幅162㎜×高さ274㎜×奥行き234㎜
●4.2kg(1台)

※価格は記事作成当時のものです。

■解説/藤原陽祐(AV評論家)

画像: この記事は『大人のオーディオ大百科2021』(マキノ出版)に掲載されています。 www.amazon.co.jp

この記事は『大人のオーディオ大百科2021』(マキノ出版)に掲載されています。

www.amazon.co.jp

This article is a sponsored article by
''.