ジックは、持ち運ぶために作られた電動アシスト自転車の「ULTRA LIGHT E-BIKE TRANS MOBILLY NEXT」シリーズより「TRANS MOBILLY(トランスモバイリー)NEXT206」をラインアップに追加する。今回追加されるモデルは20インチモデルで、これによりシリーズのラインナップ(14インチ、16インチ)が勢揃いすることになる。

ジック
TRANS MOBILLY NEXT206

●価格:12万4300円

持ち運ぶための電動アシスト自転車をコンセプトとした、最小・最軽量クラスの折り畳み式電動アシスト自転車

ジックは、“持ち運ぶための電動アシスト自転車”をコンセプトとした最小・最軽量クラスの折り畳み式電動アシスト自転車「ULTRA LIGHT E-BIKE TRANS MOBILLY NEXT」シリーズより「TRANS MOBILLY(トランスモバイリー)NEXT206」を新たにラインアップに追加した。

画像: TRANS MOBILLY NEXT206(ブラック)

TRANS MOBILLY NEXT206(ブラック)

これまでのラインアップは、14インチと16インチだったが、今回新たに、20インチモデルが加わることによりシリーズのラインナップが勢揃いすることになる。

追加されるモデルの特徴は、乗りやすさを追求した20インチにシマノ製の6段ギアを搭載し、車両の重さが約13.5キロと、電動アシスト自転車としては最小・最軽量クラスであること。また、このシリーズでは、モバイルバッテリーとしてポケットにしまえる程のコンパクトサイズのバッテリーを使用しているが、今回の20インチモデルでは、従来モデルをさらに強化(4.0Ah⇨5.0Ah)したバッテリーを使用している。コンパクトなバッテリーサイズながら、一回の充電で約30キロの走行が可能だから、サイクリングにも十分対応し、電車や車に載せて輪行すれば、旅先での観光の幅も広げることができる。さらに、折り畳むことができるので、自宅での保管もじゃまになることはない。

画像: 折り畳み時は、幅810ミリ×高さ650ミリ×奥行き500ミリ

折り畳み時は、幅810ミリ×高さ650ミリ×奥行き500ミリ

「TRANS MOBILLY NEXT206」は、新機構のモバイルバッテリーを採用しており、従来モデル(14インチ、16インチ)よりも走行可能距離が伸びている。バッテリーはマグネット着脱式だから、約「1秒」で取り外し可能。手のひらに収まる程のコンパクトサイズで、モバイルバッテリーとしても使用可能だから、スマホの充電などにも利用することができる。また、バッテリーの先端部分には簡易ライトもついているので、懐中電灯としても使える。

画像: ①デュアルヘッドライト(簡易)搭載

①デュアルヘッドライト(簡易)搭載

バッテリーの充電時間は約4時間。アシストモードは1モードで走行可能距離は約30キロ。タイヤサイズは20×1.5。カラーは、ブラックとホワイトの2色を用意している。

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.