同じWi-Fi6でも…最大通信速度が違う理由は?

WiFi

現在主流のWi-Fi6は規格上の最大速度は9608Mbpsだが、速度の決め手となるのが、「アンテナ本数」「ストリーム数」「帯域幅」だ。ルーターには複数のアンテナが搭載されており、アンテナは1本につき、一つのストリームを持つ。そのため、アンテナ数が多いほどストリーム数が増え、通信できる帯域幅も広くなるため、より高速で通信ができるというわけだ。製品を選ぶ際は、最大通信速度だけでなく、アンテナ数などにも注目するといい。

同じ規格の製品でも最大通信速度が違うのはなぜ?

Wi-Fi規格は、例えば同じWi-Fi6なら共通の通信速度と思われるかもしれないが、その仕様はある程度の幅を持って策定されている。製品によって採用する仕様が異なるため、同じ規格でも製品ごとに性能差が生じるのだ。

現在主流のWi-Fi6は規格上の最大速度は9608Mbpsだが、これを実現した製品は現時点で存在しない。実際の製品では、1201~4804Mbpsのモデルが発売されており、約4倍の差がある。この通信速度については、遅いほどエントリークラス、速いほどハイスペックと考えてよい。

Wi-Fi 6のアンテナ本数、ストリーム数、帯域幅と速度の関係

8ストリームで4804Mbpsが現在最速!

速度の決め手となるのが、「アンテナ本数」「ストリーム数」「帯域幅」だ。ルーターには複数のアンテナが搭載されており(外部アンテナを備えていないモデルは、本体に内蔵されている)、アンテナは1本につき、一つのストリーム(通信の流れ)を持つ。そのため、アンテナ数が多いほどストリーム数が増え、通信できる帯域幅も広くなるため、より高速で通信ができるというわけだ。製品を選ぶ際は、最大通信速度だけでなく、アンテナ数などにも注目するといい。

Wi-Fi 6ルーターのラインアップと通信速度の関係(バッファローの場合)

■解説/小竹佑児(ライター)
※この記事は『今すぐつながる!Wi-Fi完全マスター塾』(マキノ出版)に掲載されています。

WiFi暮らし・生活・ペット知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース