日本には訪れてみたくなるミュージアムがたくさんある。大学や企業が威信をかけて作り上げた大がかりなものから、個人の思いが詰まった尖りまくりのニッチなものまで、実にさまざま。今回は“コーヒーの街・神戸”にある「UCC コーヒー博物館」を探訪する。

「このミュージアムがすごい①」 はこちら
「このミュージアムがスゴイ③」 はこちら

クルクルと回廊を下がりながら見学するしくみ

まずはエスカレーターで一気に最上階へ

昭和の一大プロジェクト、神戸ポートアイランドの完成を祝って開催された地方博覧会「神戸ポートピア博」。そのシンボルの一つとなったパビリオン「 UCCコーヒー館」をルーツとする「UCCコーヒー博物館」。前回【このミュージアムがすごい①】では、日本で唯一、世界的に見ても非常に珍しいといわれる「コーヒーをテーマにした専門博物館」の誕生の経緯を、昭和の時代背景とともに紹介してきた。

今回は、いよいよその内部について、見学ルートを順にたどりながら観ていこう。「UCCコーヒー博物館」は、まずエスカレーターで最上階に上がり、そこから らせん状に回廊を下りながら 展示を見学していく仕組みになっている 。来館した人は、かつて巨大コーヒーカップだった建物の中を、クルクルと下へ降りていきながら、さながらコーヒーの成分が抽出されていくように理解を深めていくことになるのだ。

画像: 博物館の館内図 (画像は「 UCCコーヒー博物館」サイトより)

博物館の館内図 (画像は「 UCCコーヒー博物館」サイトより)

1F ホールに入ると、中央に長いエスカレーターがある。ホールのまわりにある楽しげなミュージアムショップや体験コーナーなどを横目に、まずはエスカレーターで一気に最上階を目指す。

画像: 1F ホールの中央にあるエスカレーターで最上階を目指す。

1F ホールの中央にあるエスカレーターで最上階を目指す。

コーヒーの粉が漉き込まれた光の柱

エスカレーターで上がっていく吹き抜けは、高さ14メートル、直径8メートルのアトリウム(大空間)。天窓からやわらかな自然の光が差し込み、ここがモスク(礼拝堂、寺院)建築の内部だということに改めて気づかされる。

大空間にそびえるのは、光る四本の柱。この柱の表面は、コーヒーの粉を漉き込んだ和紙で覆われている。この和紙は、建築や舞台美術など数々の著名な作品を手がける和紙デザイナー・堀木エリ子氏によるもの。琥珀色に輝く光の柱を眺めながら、コーヒー好きの筆者のココロはMAXにふくらむ。

画像: 大空間に建つ四本の光る柱。天窓からはやわらかな光が差す(写真はUCCコーヒー博物館より)

大空間に建つ四本の光る柱。天窓からはやわらかな光が差す(写真はUCCコーヒー博物館より)

画像: 光の柱の表面はコーヒーの粉を漉き込んだ和紙で覆われる。

光の柱の表面はコーヒーの粉を漉き込んだ和紙で覆われる。

画像: アトリウムを上から眺めたところ。それぞれの柱の上部はアトリウムを見下ろす展望スペースになっている。

アトリウムを上から眺めたところ。それぞれの柱の上部はアトリウムを見下ろす展望スペースになっている。

展示室1〈起源〉

コーヒーの起源から展示はスタート

エスカレーターで最上階まで上がってくると、正面に小さなコーヒーの苗木が一本見えてくる。エチオピアで発見された一本の木を起源としてコーヒーが世界中に広がっていった奇跡。ここから博物館の展示はスタートする。

コーヒーの粉を漉き込んだ和紙を背景に、ポツンと飾られたコーヒーの苗木。まるで祭壇のようだ。

画像: コーヒーへの畏敬の念を感じさせる(画像はUCCコーヒー博物館より)

コーヒーへの畏敬の念を感じさせる(画像はUCCコーヒー博物館より)

コーヒー発祥の地はアフリカのエチオピア。そこで今でも行われるコーヒーの儀式「カリオモン」に関する展示。炭火で黒光りするくらい炒ったコーヒー豆を杵と臼で細かく砕いて、ポットで煮出して飲むのがコーヒーのルーツ。舌をやけどするほどアツアツにして飲むのがおいしいとされる。かつては塩を入れて飲んでいたが、現在では砂糖やバター、薬草でアレンジして楽しむこともある。

画像: UCCコーヒーアカデミーの栄学長の説明を聞きながら、館内を進む。

UCCコーヒーアカデミーの栄学長の説明を聞きながら、館内を進む。

デジタルライブラリーでコーヒーの歴史を学ぶ

目や耳で直感的にわかりやすいアナログな展示と、現代的な密度感のあるデジタルな展示がテンポよくバランスしていることで、見学者を飽きさせないのがこの博物館の特徴。コーヒーに関する歴史のコーナーでは、タッチパネル式のデジタルライブラリーによって、1000年以上にわたるヒストリーを効率よく見ることができる。なお、この博物館内では、手持ちのスマートフォンを使って音声ガイドを聞くことができる展示も多数用意されている。

画像: 「飲まれたエリア」「栽培されたエリア」「飲み方」という三つの切り口でコーヒーの歴史を解説。

「飲まれたエリア」「栽培されたエリア」「飲み方」という三つの切り口でコーヒーの歴史を解説。

画像: スマホを使った展示音声ガイドも利用できる(写真はUCCコーヒー博物館より)

スマホを使った展示音声ガイドも利用できる(写真はUCCコーヒー博物館より)

コーヒーの実を最初に発見したのは誰なのか? これには2大起源説があり、キリスト教圏では「ヤギ飼いのカルディの伝説」が有名。「ある時、ヤギ飼いのカルディ少年は、赤い実を食べて興奮しているヤギ達の様子を見たことで、コーヒーの実の効用を発見した」とされる。一方、これがイスラム教圏だと「回教徒シーク・オマールの伝説」となり、「無実の罪で追放された回教徒が、小鳥がついばんでいる実を食べたら活力を感じ、やがてその煮出し汁で病人を救った」とされる。

画像: ロマンあふれるコーヒーの歴史をデジタルコンテンツでわかりやすく解説。

ロマンあふれるコーヒーの歴史をデジタルコンテンツでわかりやすく解説。

展示室2〈栽培〉

広大な農園の風景が広がり、鳥のさえずりが聞こえる

展示室2【栽培】コーナーは一転して雰囲気が明るくなる。壁いっぱいに広大なブラジルのコーヒー農園の風景が広がり、天井のスピーカーからは現地で録音した農園に従事する夫婦の会話や鳥のさえずりなどが聞こえてくる。フロアはブラジルのテラロッシャ(赤土)の道を再現するという凝りようだ。ここではコーヒー農園の一年の仕事の流れを知ることができる。

画像: 天井から聞こえてくる、夫婦の会話や鳥のさえずりに、しみじみ聞き入る筆者。

天井から聞こえてくる、夫婦の会話や鳥のさえずりに、しみじみ聞き入る筆者。

次は、コーヒー農園で実際にどのような作業が行われるのかを解説するコーナー。コーヒーチェリーを収穫するまでには、育苗から農園への移植、堆肥、病害虫対策、日陰コントロール、剪定など、さまざまなプロセスがあることが、映像、イラスト、写真、文字、音声でわかりやすく解説される。

画像: 農園での作業内容を、映像、イラスト、文字、音声でわかりやすく解説してくれる。

農園での作業内容を、映像、イラスト、文字、音声でわかりやすく解説してくれる。

コーヒー豆は「豆」ではなく「果実」

「展示室2」でひときわ目立つのが、赤いコーヒーチェリーの大きな模型。ハンドルをつかんで横に開くと、チェリーの中身を見ることできる。外皮や果肉の中にあるのがコーヒーの種子(下の写真の緑色の部分)。それを包むのがミューシレージやパーチメント、シルバースキンと呼ばれる種子の皮の部分だ。この模型を見ると、コーヒー豆が「豆」ではなく「種子」だということがよくわかる。

コーヒーチェリーの模型。立体物で見ると、より構造がわかりやすい。

一本のコーヒーの木から収穫できる豆は、わずか400グラム

一本のコーヒーの木からバケツいっぱい収穫されたコーヒーの実(コーヒーチェリー)も 、 精製、焙煎を経ると、400グラムパッケージに収まる量のコーヒー豆になってしまう(コーヒー約40杯分 )。一本の木の貴重さとコーヒー豆の生産者の苦労がひと目で理解できる展示だ。

画像: 実寸大のコーヒーの木は人の背丈より少し高い程度。

実寸大のコーヒーの木は人の背丈より少し高い程度。

画像: 1本の木から収穫できるコーヒーチェリーは約3キロ。精製、焙煎すると約400グラムになる。

1本の木から収穫できるコーヒーチェリーは約3キロ。精製、焙煎すると約400グラムになる。



This article is a sponsored article by
''.