ボーズは、サウンドバーの新モデルとしてDolby Atmosに対応する「Bose Smart Soundbar 600」を発売した。本製品は、独自技術のTrueSpaceテクノロジーの搭載により、コンパクトながら、イマ―シブオーディオを実現。セリフ、ボーカル、効果音、楽器の音など、左右からだけでなく、頭の上からもクリアに響かせ映画やテレビから音楽に至るまで、衝撃的なサウンド体験を提供してくれるモデルとなっている。

ボーズ
Smart Soundbar 600

●価格:7万4800円

ボーズは、サウンドバーの新モデルとしてDolby Atmosに対応する「Bose Smart Soundbar 600」を発売した。本製品は、独自技術のTrueSpaceテクノロジーとアップアワードファイアリングトランスデューサーの搭載により、コンパクトなサイズながら、イマ―シブサウンドを実現。セリフ、ボーカル、効果音、楽器の音を分析・分離し、左右からだけでなく、頭の上からもクリアに響かせ映画やテレビから音楽に至るまで、衝撃的なサウンド体験を提供してくれるモデルとなっている。

画像: ボーズ Smart Soundbar 600

Dolby Atomsに対応したコンテンツでは、正確にチューニングされたデジタル信号処理(DSP)と5基のトランスデューサーが連携し、実際にはスピーカーが配置されていない場所からもサウンドを響かせてくれる。 2基のサイドファイアリング レーストラック型トランスデューサーは、相互に連動し、音を水平方向に出し、センターツイーターは、セリフをクリアに再生。そして2基のアップワードファイアリング トランスデューサーが水平方向の音景をサポートしながら、同時に音を天井に向かって反射させることで、頭上からもサウンドで満たされるような感覚を生み出してくれる。

画像: 内部構造イメージ。

内部構造イメージ。

Dolby Atmosに対応していないコンテンツでも、臨場感のあるオーディオ体験が可能で、独自技術のTrueSpaceテクノロジーによって、ステレオや5.1chといった、Dolby Atmos以外の信号も分析しリミキシングすることで、Dolby Atmosに対応したコンテンツのような、広がりのあるサウンドを効果的に創りだしてくれる。

Wi-FiやBluetoothならびに、Chromecast built-inに対応しているから、好みの方法でコンテンツをストリーミングすることが可能。対応するGoogleデバイスで、Works with Googleアシスタントにアクセスしたり、内蔵しているAmazon Alexaで、音声操作をしたりすることができる。また、「Bose SimpleSyncテクノロジー」で、本製品を対応するヘッドホンやBluetoothスピーカーと連携させて、コンテンツの楽しみ方を広げることも可能。

テレビや音楽でも、「Bose QuietPortテクノロジー」によって、コンテンツをどんな音量で再生しても、ひずみを生じさせることなく、深みのある低音を楽しむことができる。

画像: 設置イメージ。

設置イメージ。

別売のベースモジュールやリアスピーカーと組み合わせれば、ホームシアター環境を一層拡充することもできる。専用アプリ「Bose Music」を使えば、スマホから各種の設定や、グループ化した製品の管理ができるほか、アプリを通じて音楽にも簡単にアクセスができる。

画像: 別売のベースモジュール「Bass Module 500」(5万8300円)とリアスピーカー「Surround Speakers」(3万8335円)を追加すれば、さらに充実したホームシアターシステムを構築することができる。

別売のベースモジュール「Bass Module 500」(5万8300円)とリアスピーカー「Surround Speakers」(3万8335円)を追加すれば、さらに充実したホームシアターシステムを構築することができる。

本体サイズは、幅695cm、奥行き10.4cm、高さ5.6cm、重さは、3kg。Bluetoothによるワイヤレス接続のほか、HDMI eARC、光デジタル入力も装備。対応音声フォーマットは、Dolby Atmos、Dolby Digital、Dolby TrueHD、Dolby Digital Plusとなっている。

◆ボーズ:「Bose Smart Soundbar 600」 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.