CDプレーヤーをデジタル接続するか、アナログ接続するかは悩みどころ。これは、優秀なほうのDAC(世代が新しいなど)でD/A変換を行うのが定石だ。レコードプレーヤーでは、プレーヤー側かアンプ側となるが、これも優秀なほうを選ぶのがセオリー。最終的には、聴感で決めるといい。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

世代が新しいなど優秀なほうを選ぶのがセオリー

アンプがデジタル入力端子を備えている場合、CDプレーヤーをデジタル接続するか、アナログ接続するかは悩みどころ。

これは、優秀なほうのDAC(世代が新しいなど)でD/A変換を行うのが定石だ。なお、デジタル接続時に、同軸デジタル端子と光デジタル端子を選択できるなら、同軸のほうが音質面で有利と考えていい。

レコードプレーヤーでは、双方でフォノイコライザーを内蔵している場合に、プレーヤー側で増幅するか、アンプ側で増幅するかが分かれ目となる。これも、優秀なほうを選ぶのがセオリー。最終的には、聴感で決めるといい。

■解説/鴻池賢三(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。

[別記事:【アンプのトレンド】アナログを介さずに増幅する「フルデジタルアンプ」が話題!→



This article is a sponsored article by
''.