ハーマンインターナショナルは、オーディオブランドのJBLより、インテグレーテッド・アンプの最新モデルとして「SA750WAL」を発売した。本製品は、最新の機能を備えながらもレトロモダンな外観が特徴のモデルで、フェイスパネルには、ヘアライン加工が施されたアルミ削り出しを、左右側面にには、JBLスピーカーにも採用されているウォールナット天然木突板を使用してで仕上げられてている。

JBL
SA750WAL

●価格:41万8000円

ハーマンインターナショナルは、オーディオブランドのJBLより、インテグレーテッド・アンプの最新モデルとして「SA750WAL」を発売した。本製品は、最新の機能を備えながらもレトロモダンな外観が特徴のモデルで、フェイスパネルには、ヘアライン加工が施されたアルミ削り出しを、左右側面にには、JBLスピーカーにも採用されているウォールナット天然木突板を使用してで仕上げられてている。

画像1: JBL SA750WAL

フェイスパネルには、3.5mmAux入力と3.5mmヘッドホン出力を装備し、リアパネルには、MM/MCフォノ入力を含む5つのアナログ入力と4つのデジタル入力を装備。あらゆるオーディオソースに対応することができる。さらに、プリアウトを装備しているから、将来的なシステムの拡張も可能。

画像2: JBL SA750WAL

また、本製品は、インターネットを介しての音楽ストリーミングや、互換性のあるデバイスとローカルネットワーク接続することで、AirPlay2やChromecastを介してのストリーミング再生を可能とするWi-Fi機能も組み込まれている。加えて、高品位な音楽管理ソフトとして定評の高い「Roon」のエンドポイントとしても機能する「Roon Ready」にも対応する。

画像3: JBL SA750WAL

内蔵のMQA対応・32bit ESS Sabre ES9038Q2M高解像度DACと相まって、オンライン上のコンテンツからこれまで蓄えたローカルのデジタルコンテンツまでシームレスに高品位なサウンドで楽しむことが可能となっている。付属の専用リモコンによる操作に加え、アプリやIP制御によるスマートホームの統合コントロールも容易に行える。

画像: 付属のリモコン。

付属のリモコン。

チャンネルあたり130Wrmsの出力を持つクラスGアンプは、低いボリュームレベルではクラスAアンプとして動作し、強大なパワーを要求されるときにはクラスABアンプとして大容量電源を備えている。スピーカーの出力をリスニングスペースに合わせて最適化できるDirac Liveを搭載しており、ネットワーク接続されたPCを経由して帯域レベル補正を行うためのキャリブレーションマイクが付属している。

画像4: JBL SA750WAL

本体サイズは、幅449mm、奥行き327mm、高さ124mm、重さは12kg。出力は、8Ω時130W、4Ω時200W。入力インピーダンスは、10kΩ。入力端子は、フロントに3.5mmAux入力と3.5mmヘッドホン出力を装備。リアには、MM/MCフォノ入力を含む5つのアナログ入力と4つのデジタル入力を備えている。

◆ハーマンインターナショナル:「SA750WAL」 のブランドサイト。

※製品の価格及び仕様については、記事制作時のもので、その後諸事情により変更されている場合があります。



This article is a sponsored article by
''.