【液晶ディスプレイ】 44.5インチの大画面が包み込むように曲がったPCモニター『Predator X45』

Windows

OLED(有機EL)パネル搭載でユーザーを包み込むように湾曲し、没入感を高めてくれる大画面モニターが、『Predator X45』だ。ゲーミングモニターとしてだけでなく、グラフィックにこだわるPCユーザーなら興味があるはず。

モニターディスプレイはもはや、平面だけではない!

近年注目を集めている有機EL(OLED)採用のディスプレイ製品。その特徴は、バックライト不要で液晶の素子自体が発光することだ。その結果、液晶画面自体が薄型にできるようになり、折りたたみ画面のスマホが登場、PCモニター界隈ではこの湾曲ゲーミングモニター日本エイサー『Predator(プレデター) X45』(X45bmiiphuzx・44.5インチ・税込279,800円・2023年8月22日発売)のように、平面ではなく湾曲した形状のディスプレイも誕生している。

その最大のメリットは、有機ELならではの完全な黒を表示できるだけでなく、視界を画面で囲われることによるゲームの臨場感と没入感のグレードアップだ。

上から見ると、こんな感じ

さらにリフレッシュレートは240Hz 、応答速度0.03msと動きの速いゲームでもなめらかな表示が可能である。

もちろんこうした環境を、ゲーマーだけに独占させておく手はない。表示色は、True 10ビット(約10億7000万色)を表示可能で、通常の8ビットカラー機種のおよそ64倍もの色数を取り込むことができることから、クリエイターにとっても、魅力的な製品なはずだ。

横から

ちなみにエイサーは、台湾発で世界160か国以上で事業を展開し、高性能なゲーミングマシン、ゲーミングモニター製品などに定評があるパソコンメーカーだ。

入手はAmazon、ビックカメラグループ、ヨドバシカメラ、Joshin、ユニットコム、Acer公式オンラインストアにて可能だ。

■公式サイト

Windowsパソコン
シェアする
特選街web 編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web 編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース