「しゃべる家電をレポート」の記事では、〈1〉〈2〉でスマートスピーカーを紹介した。今回は、ロボット型の製品について、楽しみ方を見ていこう。

音声入力によるコミュニケーションが楽しめるロボットたち

スマートスピーカーと似たような機能を持つものとして、小型のコミュニケーションロボットが挙げられる。

コミュニケーションロボットもスマートスピーカーと同様に、音声での入力と操作が基本となっており、検索や音楽の再生など、できる機能も似ている。

その代表格となる製品が、シャープのRoBoHoN(ロボホン)だ。

現在のスマートスピーカーに先んじて登場し、それらと比較すると、利便性よりも愛玩的な要素が強く、IoT家電の操作などをすることはできない。

現在のロボットブームの火つけ役!安価なWi-Fiモデルも登場

シャープ
RoBoHoN
実売価格例:21万1280円(3G・LTE対応)/14万9040円(Wi-Fi対応)

RoBoHoNの全長は19.5センチ。定型的な呼びかけワードはなく、「ニュース教えて」などの言葉で起動する。

ロボットらしく、体で感情を表現したり、アプリの追加により機能が増えたりするなど、スマートスピーカーにはない利点も多い。

また、RoBoHoNはロボットであると同時にスマホでもあるので、当然、持ち運びも可能。通話やメールの送受信、カメラ撮影などもできる。

プロジェクター機能などもある

カメラやプロジェクター、ディスプレイなど、スマートスピーカーにはない機能を多く搭載。

天気やニュースの読み上げなど、スマートスピーカーと同様の機能もある。話すときのしぐさがかわいい。

LINEやSkypeを使えるほか、ディスプレイで情報表示も可能

もう一つ、注目したいのが、ソニーモバイルのXperia Hello!だ。

こちらは、見た目がロボットというよりスマートスピーカー。ロボットらしいしぐさは、顔(上部ディスプレイ)の傾き加減と目の動きで表現される。

スマホの機能を有し(ただし、基本的に置いたままで使用)、正面の大型ディスプレイでタッチ操作も可能。

顔認識機能でオーナーを判断し、Xperia Hello!側から話しかけるなど、スマートスピーカーにはない機能も備えている。

ソニーモバイル
Xperia Hello!
実売価格例:15万1210円

「ハイ、エクスペリア」の呼びかけに反応し、音声と液晶ディスプレイによる操作で、コミュニケーションが取れる。

LINEでやり取りをしたり、Skypeでビデオ通話をしたりといったこともできる。

画像: 天気予報やニュースを読み上げてくれるだけでなく、液晶ディスプレイに情報を見やすく表示させることもできる。

天気予報やニュースを読み上げてくれるだけでなく、液晶ディスプレイに情報を見やすく表示させることもできる。

両モデルとも、カメラや会話による見守り機能も搭載しており、離れて暮らす実家の両親や、自宅での子供の様子などの確認することもできる。

●小型ロボットでできること

・天気予報を読み上げる
・音楽を再生する
・ニュースを読み上げる
・LINEの送受信
・メールの送受信
・会話をする
・歌う
・踊る

解説/岡安 学(デジタルライター)
イラスト/早川 修

※表示の価格は、記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.