撮像センサーの画素数は、大きくプリントした際にその違いが出てくる。高画素なカメラほど、細部まで緻密な描写を得ることが可能である。また、画面の一部分を切り出す際にも、十分な画素数が確保できる。現在、画素数の面では35ミリ判フルサイズの一眼レフが圧倒的に有利だ。

5060万画素のフルサイズ仕様。より高い解像性能を追求

キヤノン
EOS 5Ds R
実売価格例:46万5810円(ボディ)

画像: 5060万画素のフルサイズ仕様。より高い解像性能を追求

EOS 5Dsの高解像バージョンだ。

自社開発の有効約5060万画素、35ミリ判フルサイズCMOSセンサーを搭載。

そして、偽色とモアレを軽減するローパスフィルター効果もキャンセルし、より高い解像性能を追求している。

●撮像素子/35㎜フルサイズ ●有効画素数/5060万 ●AF測距点/61点 ●ISO感度/50〜1万2800 ●連写/5コマ/秒 ●液晶モニター/3.2型 ●本体サイズ/幅152㎜×高さ116.4㎜×奥行き76.4㎜ ●重量/930g

画像: 色鮮やかで重厚な神社本殿を、真正面から切り取る。カメラの解像性能をフルに引き出すため、高性能なL仕様レンズを使用。そして、微細なカメラブレにも注意して撮影した。 ●24-70㎜レンズ(70㎜)●絞り優先AE●1/160秒●F8●露出補正-1.0●WB太陽光●ISO100

色鮮やかで重厚な神社本殿を、真正面から切り取る。カメラの解像性能をフルに引き出すため、高性能なL仕様レンズを使用。そして、微細なカメラブレにも注意して撮影した。
●24-70㎜レンズ(70㎜)●絞り優先AE●1/160秒●F8●露出補正-1.0●WB太陽光●ISO100

バランスの取れた画質チューニング

キヤノン
EOS 5Ds
実売価格例:45万6880円(ボディ)

画像: バランスの取れた画質チューニング

有効約5060万画素、35ミリ判フルサイズCMOSセンサーという仕様は、上のEOS 5Ds Rと同じ。

本機は、偽色とモアレを軽減するローパスフィルターの効果も取り入れ、バランスの取れたチューニングが施されている。

●撮像素子/35㎜フルサイズ ●有効画素数/5060万 ●AF測距点/61点 ●ISO感度/50〜1万2800 ●連写/5コマ/秒 ●液晶モニター/3.2型 ●本体サイズ/幅152㎜×高さ116.4㎜×奥行き76.4㎜ ●重量/930g

光学ローパスフィルターレス仕様を採用

ニコン
D850
実売価格例:39万9600円(ボディ)

画像: 光学ローパスフィルターレス仕様を採用

5000万画素を超えるEOS 5Ds Rと5Dsには一歩及ばないが、こちらも、有効約4575万画素という高画素モデル。

さらに、高性能レンズの解像力が最大限に生かせる光学ローパスフィルターレス仕様を採用する。

●撮像素子/35㎜フルサイズ ●有効画素数/4575万 ●AF測距点/153点 ●ISO感度/32〜10万2400 ●連写/7コマ/秒 ●液晶モニター/3.2型 ●本体サイズ/幅146㎜×高さ124㎜×奥行き78.5㎜ ●重量/1005g

解説/吉森信哉(フォトグラファー)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.