【4K放送】TVと4Kチューナーは同メーカーがいい?メリットは?

家電・AV

テレビとチューナーは同一メーカーでなくても、接続や視聴は可能。HDMI接続など、基本的な規格は共通なので、気に入った機能や性能を持つチューナー製品があれば、メーカーを気にせずに選んでいい。ただし、使い勝手を重視すると、話は少々異なる。

同メーカーのチューナーを組み合わせるとテレビのリモコン一つで操作できる

結論からいうと、テレビとチューナーは同一メーカーでなくても、接続や視聴は可能。HDMI接続など、基本的な規格は共通なので、気に入った機能や性能を持つチューナー製品があれば、メーカーを気にせずに選んでいい。ただし、使い勝手を重視すると、話は少々異なる。

発売済みの4K対応テレビは、あとから新4K8K衛星放送チューナーが発売されることを見越して設計されており、同じメーカーのチューナーを組み合わせると、テレビのリモコン一つで操作できる。外付けチューナーであっても、テレビに内蔵されているかのように操作できれば快適だ。特にこだわりがなければ、テレビとチューナーは同一メーカーを選ぶのが無難といえる。

また、メーカーによっては、テレビとチューナーが連係することで、より高い画質を目指す製品もある。例えば、東芝は「レグザコンビネーション高画質」という機能を搭載しており、文字の周りなどにジラジラと目立つモスキートノイズを低減するなどのメリットがある。

●同メーカーにした場合のメリット(東芝の場合)

テレビのリモコンでチューナーを操作
・地上/BS/110度CSの切り替え
・BS/110度CSの2K放送と4K放送の切り替えは「BS」ボタンの2度押しで 可能
・数字ボタンによるチャンネルのダイレクト選局が可能
「レグザコンビネーション高画質」で映像のモスキートノイズを制御できる

解説/鴻池賢三(AV評論家)

家電・AV
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース