新4K8K衛星放送の音声は、MPEG-2からMPEG-4へと進化し、22.2チャンネルのサラウンド放送(主に8K放送)が可能となった。ただ現状ではテレビの音質は心もとないので、サウンドバーの使用が有効だ。

画質がいい4K放送は、音もいいの?

新4K8K衛星放送の音声は、現行放送と同じAACだが、MPEG-2からMPEG-4へと進化し、22.2チャンネルのサラウンド放送(主に8K放送)が可能となった。

現在のところ、22.2チャンネル音声をそのまま再生できるテレビやオーディオ機器は存在しないが、5.1チャンネル音声やステレオ音声も一緒に送り出されているため、実用上、問題はない。

実際の放送の音質だが、テレビ単独で聴く場合、音声フォーマットのよしあしよりも、テレビに内蔵されたスピーカーシステムの実力に左右されると考えよう。

現状ではテレビの音質は心もとないので、サウンドバーが有効

スピーカーが本体と独立して、開口部(音が出る部分)が前を向いている製品が好ましいが、現在、こうした音質重視モデルは極めて少ない。HDMIケーブルでテレビと接続して使えるサウンドバーなどの使用を考えるのも一案だ。

なお、新放送ではオプション音声としてロスレス圧縮を規格化しているが、現状では運用されていない。ただ、将来的には、4K放送がロスレスのステレオや5.1チャンネル音声で楽しめる日が来る可能性もある。

テレビ内蔵スピーカーと同じ要領で操作できるサウンドバー

ヤマハ MusicCast BAR 400

実売価格例:6万9590円

画像: ヤマハ MusicCast BAR 400は、22.2チャンネル音声をそのまま再生できません。

ヤマハ MusicCast BAR 400は、22.2チャンネル音声をそのまま再生できません。

※価格は記事作成時のものです。

解説/藤原陽祐(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.