4Kテレビと4Kチューナーを「同じメーカーでそろえた」場合、使い勝手がいいのはどのメーカーだろうか。この記事では、パナソニックで連係をチェック。使用した外付け4Kチューナーは「TU-BUHD100」、4K対応テレビは「TH-43FX750」だ。

4Kチューナーと4K対応テレビの連係をチェック

手持ちのテレビで新4K衛星放送を楽しめるのが、外付けの単体チューナーだ。テレビとチューナーを同じメーカーでそろえた場合の使い勝手を試してみた。

手持ちのテレビが4Kチューナー非内蔵タイプの場合、4K放送を見るためには、単体の4Kチューナーと組み合わせなくてはならない。そうすると、リモコンが2個になるので、操作がめんどうになると思いがち。しかし、今どきのテレビとチューナーなら、HDMI接続で相互連係できる「CEC機能」により、電源の連動やテレビのリモコンだけで基本操作ができるなど、利便性が向上している。しかも、同一メーカーであれば、各社独自のリンク機能を活用できる。

ここでは、国内のテレビメーカー4社(シャープ、ソニー、東芝、パナソニック)のテレビ&チューナーの組み合わせで、どんな連係操作が行えるかをチェックした。理想は、「4Kチューナー内蔵テレビのように使えること」だ。さて、どんな結果が待っているのだろうか……?

この記事では「パナソニック」の連係をチェックする。

パナソニックの4Kチューナーと4K対応テレビの連係をチェック!

使用したチューナーとテレビはコレだ!

●チューナー
パナソニック TU-BUHD100

実売価格例:3万90円

画像: 4Kチューナー1基、地上/BS/CSチューナー1基を搭載。

4Kチューナー1基、地上/BS/CSチューナー1基を搭載。

●テレビ
パナソニック TH-43FX750

画像: 同社の4Kチューナー非内蔵4Kテレビ。2018年2月発売。

同社の4Kチューナー非内蔵4Kテレビ。2018年2月発売。

結果
単体チューナーとしては優秀だが、連係には不満あり

録画機能の追加も待たれる

パナソニックの4KチューナーのTU-BUHD100は、AndroidTV搭載など、機能的にはなかなか優秀。リモコンにマイクが装備され、音声アシスタントによる番組検索が行える。ただし、4K放送の番組録画機能の実装が3月下旬に延期されており、今回のチェック(3月上旬)でも録画関連の連係などについてはチェックできなかった。

連係動作も最小限で、テレビの電源オンに連動してチューナーの電源がオンになるといった程度。4Kチャンネルの選局やEPGの呼び出しは可能だが、リアルタイム録画や録画予約については、前述の事情でチェック不可だった。

画像: TH-43FX750のリモコン

TH-43FX750のリモコン

この4Kチューナーは、スマホと連係できるChromecast Built-in対応など、ほかにはない機能も多いが、テレビとの連係機能は不満。パナソニックの4Kテレビのユーザーは、同社製4Kチューナー内蔵BDレコーダーとの併用を考えよう。

チューナーとの連動は最小限のもの

連動の設定

画像: テレビ側のビエラリンクの設定。電源オンと電源オフのそれぞれの連動を設定できる。それ以外の連係動作は最小限だ。

テレビ側のビエラリンクの設定。電源オンと電源オフのそれぞれの連動を設定できる。それ以外の連係動作は最小限だ。

EPG

画像: チューナー側は独自デザインのEPG。番組表の色分けなどもなく、視認性についてはやや劣る。4K放送の録画も未実装。

チューナー側は独自デザインのEPG。番組表の色分けなどもなく、視認性についてはやや劣る。4K放送の録画も未実装。

AndroidTVを搭載

画像: AndroidTV搭載で、テレビ放送の視聴のほか、動画配信サービスなども楽しめる。単体チューナーとしてはなかなか高機能だ。

AndroidTV搭載で、テレビ放送の視聴のほか、動画配信サービスなども楽しめる。単体チューナーとしてはなかなか高機能だ。

※価格は記事作成時のものです。

解説/鳥居一豊(AVライター)

This article is a sponsored article by
''.