ソニー、LGから新4K衛星放送が楽しめる待望の4Kチューナー内蔵モデルが登場。さらに、同チューナー内蔵で先行した東芝も、画質、機能性を強化した意欲作を発表するなど、4Kテレビ市場が例年になくにぎやかだ。

ソニー、LGは初の4Kチューナー内蔵機を、東芝は地デジ全録対応の2世代目液晶を投入

●ソニー
A9Gシリーズ、X9500Gシリーズほか

まず、注目のソニーだが、4Kチューナー内蔵機は最新の映像エンジン「X1 Ultimate」を搭載した有機ELテレビ、A9G(77V/65V/55V型)と、4K液晶の高級ライン、X9500G(85V/75V/65V/55V/49V型)、4K液晶のスタンダード、X8550G(75V/65V/55V型)、X8500G(49V/43V型)という構成。裏番組の録画が可能な4Kダブルチューナー仕様とし、番組表を一新。各種ネット動画にもアクセスしやすくなった。なお、4K液晶の最高峰、Z9Fシリーズは継続販売される。

有機ELの高級機、A9Gは、77V型の新設、スタンド設置面のコンパクト化、あるいはドルビーアトモス対応(年内アップデート予定)といった進化をしているが、基本的には、昨年秋に登場したA9Fシリーズに4Kチューナーを搭載したモデルと見ていい。

KJ-65A9G
実売価格例:59万3870円

画像: ※写真はKJ-77A9G 画面を振動させて音を出す独自の「アコースティック サーフェス」の最新版を搭載。映像エンジンは、高精細と低ノイズを両立させる「X1 Ultimate」。2K→4K変換精度にも磨きがかかり、地デジ/BSなどHD映像の画質も改善されている。

※写真はKJ-77A9G
画面を振動させて音を出す独自の「アコースティック サーフェス」の最新版を搭載。映像エンジンは、高精細と低ノイズを両立させる「X1 Ultimate」。2K→4K変換精度にも磨きがかかり、地デジ/BSなどHD映像の画質も改善されている。

スタンドがコンパクトになり、設置の自由度向上

画像: フォトスタンドを思わせるスマートなデザインを踏襲しながら、設置スタンドを改善。設置面がよりコンパクトになり、設置の自由度が大幅に向上した。

フォトスタンドを思わせるスマートなデザインを踏襲しながら、設置スタンドを改善。設置面がよりコンパクトになり、設置の自由度が大幅に向上した。

X9500Gは、正面コントラストに優れたVA液晶に直下型LEDを装備した4K液晶で、映像エンジンに「X1 Ultimate」を搭載。さらに、85V、75V型限定で、最高峰のZ9Fシリーズで実績のある高視野角技術「X-Wide Angle」を採用する豪華さ。視野角による画質への影響を最小限に抑えている。

KJ-55X9500G
実売価格例:24万8270円

画像: ※写真はKJ-85X9500G 4K液晶の最高級機Z9Fシリーズと同じ映像エンジン、「X1 Ultimate」が投じられた。パネルは正面コントラストに優れたVA液晶だが、85V/75V型については、独自の広視野角技術「X-Wide Angle」を採用している。「Netflix」に最適化したモードも搭載。

※写真はKJ-85X9500G
4K液晶の最高級機Z9Fシリーズと同じ映像エンジン、「X1 Ultimate」が投じられた。パネルは正面コントラストに優れたVA液晶だが、85V/75V型については、独自の広視野角技術「X-Wide Angle」を採用している。「Netflix」に最適化したモードも搭載。

背面の両サイドに小型ツイーターを搭載

画像: ※写真はKJ-85X9500G 二つの小型ツイーターを本体背面に搭載。左右の両サイドから前方に向けて放射し、映像と音の一体感を演出している(49V型は除く)。

※写真はKJ-85X9500G
二つの小型ツイーターを本体背面に搭載。左右の両サイドから前方に向けて放射し、映像と音の一体感を演出している(49V型は除く)。

●LG
OLED W9Pシリーズほか

続いてLGだが、やはり有機ELテレビの充実したラインアップが特徴的で、全機種4Kチューナーを内蔵した。壁掛け設置を想定したW9P(77V/65V型)、ミニマルデザインが特徴的なE9P(65V/55V型)、最新の映像スペックを満たしたC9P(77V/65V/55V型)、さらに、液晶からの買い替えを促すB9P(65V/55V型)が続くという構成だ。

OLED65W9PJA
実売価格例:75万5870円

画像: 他社を圧倒するラインアップを誇るLGの有機ELテレビ。その最高峰となるのがシグニチャーシリーズのW9Pだ。薄さ約3.9ミリ(65V型の表示部)というスリムデザインが特徴的で、1枚の絵を飾る感覚で手軽に壁掛け設置できる。

他社を圧倒するラインアップを誇るLGの有機ELテレビ。その最高峰となるのがシグニチャーシリーズのW9Pだ。薄さ約3.9ミリ(65V型の表示部)というスリムデザインが特徴的で、1枚の絵を飾る感覚で手軽に壁掛け設置できる。

映像エンジンも画質、機能が進化

画像: 映像エンジン「α9プロセッサー」の進化版「α9 Gen2」。ハードウエアはα9と同等だが、より高度な使いこなしによって画質、機能性を向上させた。

映像エンジン「α9プロセッサー」の進化版「α9 Gen2」。ハードウエアはα9と同等だが、より高度な使いこなしによって画質、機能性を向上させた。

●東芝
Z730Xシリーズほか

そして東芝は、有機ELも一新する模様だが、執筆時点で発表されているのは液晶のみ。最大の注目点は、画質に磨きをかけた高級ライン、Z730X(65V/55V/49V/43V型)と、スタンダードラインのRZ630X(50V/43V型)の両方に、おなじみのタイムシフトマシンが搭載されたこと。地デジ6チャンネルを丸ごと録画する魅力を再度、強く打ち出す。さらに、まもなくパナソニックも4Kチューナー内蔵の有機ELテレビを発表する。もはや4Kチューナーは、4Kテレビの必須装備となりつつある。

55Z730X
実売価格例:26万9870円

画像: 見たい番組が後で見られるタイムシフトマシンを装備した4K液晶の最上位機。最大サイズとなる65V型のみ、低反射のVA液晶を採用。直下型LEDバックライトとの組み合わせで、メリハリの利いた高コントラスト映像を描き出す。

見たい番組が後で見られるタイムシフトマシンを装備した4K液晶の最上位機。最大サイズとなる65V型のみ、低反射のVA液晶を採用。直下型LEDバックライトとの組み合わせで、メリハリの利いた高コントラスト映像を描き出す。

4Kダブルチューナー搭載の下位モデルも投入

画像: 入門モデルのM530Xシリーズも登場し、上位のRZ630Xと同様、新開発の映像エンジン「レグザエンジンEvolution-S」を搭載。ノイズの少ない高精細映像を実現した。

入門モデルのM530Xシリーズも登場し、上位のRZ630Xと同様、新開発の映像エンジン「レグザエンジンEvolution-S」を搭載。ノイズの少ない高精細映像を実現した。

※価格は記事制作時のものです。
文/藤原陽祐(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.