カバンやポケットに入れているはずのスマホが意図せずにして起動していた経験はないだろうか?知らずに手がスマホの画面に触れて、アプリが勝手に起動してしまったり、電話を誤発信してしまったりすることがあるのだ。これを防ぐためは「セキュリティロック」は欠かせない。

<疑問と悩み>
いつの間にかアプリが起動している

⇒⇒ロックせずにポケットに入れたりすると、よくあること

スマホをカバンやポケットに入れていると、意図せずにして手がスマホの画面に触れて、アプリが勝手に起動してしまったり、電話を誤発信してしまったりするおそれがある。これを防ぐためは、セキュリティロックは欠かせない。パスワードを入力したり、指紋や顔で認証しないと、ロックを解除できないように設定しておこう。

加えて、スマホを使わないときに自動で素早くロックがかかるように設定しておきたい。iPhoneは、「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」で設定可能。Androidは、「設定」→「画面設定」→「スリープ」などで設定できる。

●使わないときは素早くロックがおすすめ

iPhone
iPhoneは「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」で、操作をしない場合に自動でロックがかかるまでの時間を設定できる。

画像1: ●使わないときは素早くロックがおすすめ

Android
機種によるが、「設定」→「画面設定」に進み、「スリープ」をタップ。「15秒」または「30秒」などの短い時間に設定するのがおすすめ。

画像2: ●使わないときは素早くロックがおすすめ
画像: スマホが勝手に発信?意図しないアプリ起動を防ぐ方法は?

画面がロックされるまでの時間を短めに設定したほうがいいみたい!

解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.