パナソニックがコンパクトオーブン「NB-DT52」を発売する。最大の特徴は、遠近赤外線ダブル加熱方式の採用。トーストなら"外はこんがり、中はしっとり"仕上げてくれるほか、薄切り、厚切り、冷凍にも対応。冷凍ピザの焼き上げや惣菜パンやフライのあたためも可能で多様な用途に使える。

パナソニック
NB-DT52

遠赤外線と近赤外線の相乗効果で内部まで加熱できるオーブン

●発売日:9月上旬
●実売価格:2万1100円程度

パナソニックは、多彩な用途に使える便利なコンパクトオーブン「NB-DT52」を発売する。最大の特徴は、遠近赤外線ダブル加熱方式の採用。これは、表面を効率的に加熱できる遠赤外線ヒーターと、熱が内部まで浸透しやすい近赤外線ヒーターを組み合わせたもので、トーストなら"外はこんがり、中はしっとり"仕上げられる。

画像: 遠赤外線と近赤外線の相乗効果で内部まで加熱できるオーブン

また、火加減と加熱時間を自動調整してくれる7種類のオートキーも装備しているから、冷凍ピザの焼き上げ、惣菜パンやフライのあたためなども簡単に行える。トーストは、薄切り、厚切り、冷凍にも対応。

●問い合わせ先:パナソニック 0120-878-694

This article is a sponsored article by
''.