ダイニチ工業は、ハイブリッド式加湿器の最上位モデルとして、「HD-LX1219」を発売した。1200ミリリットル/時の高い加湿能力により、設定湿度への到達時間を約30%も短縮したのが特徴。パワフルになっても運転音は抑えられているので(最小13デシベル)、静かに使える。

ダイニチ工業
HD-LX1219/LX1019

設定湿度への到達時間を約30%も短縮したハイブリッド式加湿器

●発売日:9月下旬
●実売価格:LX1219=4万3000円程度、LX1019=4万円程度

ダイニチ工業は、ハイブリッド式加湿器の最上位モデルとして、「HD-LX1219」を発売した。1200ミリリットル/時の高い加湿能力により、設定湿度への到達時間を約30%も短縮したのが特徴。

画像: HD-LX1219

HD-LX1219

パワフルになっても運転音は抑えられているので(最小13デシベル)、静かに使える。

また、めんどうなトレイ洗浄の手間をなくす「カンタン取替えトレイカバー」も新たに採用された。タンク容量は7リットル。連続加湿は最大11.7時間。適用床面積は33畳。

画像: 設定湿度への到達時間を約30%も短縮したハイブリッド式加湿器

なお、加湿能力960ミリリットル/時、適用床面積27畳の「同LX1019」も同時発売。

●問い合わせ先:ダイニチ工業 0120-468-110

文/特選街編集部
※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

This article is a sponsored article by
''.