以前、DJ向けとして絶大な人気を誇ったテクニクスのSL-1200シリーズが「SL-1200MK7」として復活。従来モデルの操作感を継承する配慮がなされ、価格も9万円台と手ごろだ。ハイレゾ時代に復活したテクニクスを支持するユーザーからの要望が多かったことにこたえた形だ。

ターンテーブルからノイズキャンセルまでテクニクスブランドがすごい!

ハイレゾ時代における存在価値をアピール

テクニクスが、製品ラインアップを増やしている。好評のターンテーブルは、かつてDJ向けとして絶大な人気を誇ったSL-1200シリーズが、SL-1200MK7として復活。従来モデルの操作感を継承する配慮がなされ、価格も9万円台と手ごろ。

往年のモデルのフィーリングを再現

テクニクス
SL-1200MK7

実売価格例:9万7200円

画像: プロのDJから圧倒的な支持を得てきたSL-1200シリーズも復活。制御にデジタル技術を採り入れつつ、往年のモデルのフィーリング再現に注力。

プロのDJから圧倒的な支持を得てきたSL-1200シリーズも復活。制御にデジタル技術を採り入れつつ、往年のモデルのフィーリング再現に注力。

SACDプレーヤーのSL-G700は、テクニクス初のSACD再生対応製品。MQA-CD再生機能やネットワーク再生機能も搭載するなど、高級モデルとして希少な存在といえる。

ブランド史上、初のSACD対応機

テクニクス
SL-G700

実売価格例:30万2400円

画像: テクニクス史上初のSACD再生対応モデル。ハイレゾ時代に復活したテクニクスを支持するユーザーからの要望が多かったことにこたえた。

テクニクス史上初のSACD再生対応モデル。ハイレゾ時代に復活したテクニクスを支持するユーザーからの要望が多かったことにこたえた。

人気のヘッドホンでも、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載するEAH-F70Nを発表済み。製品ジャンルと価格の両面でバラエティに富み、テクニクス復活は確かなものになりつつある。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

解説/鴻池賢三(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.