1990年代、高級感あふれるデザインと、音のよさで人気を博したK'sシリーズの流れをくんだスタンダード機。CD再生機能を備えた本体に、2ウエイのスピーカーを加えたシンプルな構成で、音質志向を明確に打ち出す。

【大人のミニコンポ選び】タイプ別No.1はこれだ!
お気に入りの音楽がワイヤレスで手軽に楽しめるブルートゥーススピーカーが人気を集める中、左右独立のスピーカーを備えたミニコンポを支持する声も根強い。
今回は、各メーカーの人気モデルを集め、搭載している機能を整理して紹介し、各種メディアで行った音質チェックの結果を掲げる。

大人のミニコンポ選び
K'sシリーズの流れをくむ本格派。音質もかなりいい

ケンウッド
K-515
実売価格例:3万5230円

画像: サイズ▶ CDレシーバー:幅21.5cm×高さ9.6cm×奥行き29.5cm、スピーカー:幅14cm×高さ23.7cm×奥行き23.9cm 重量▶ CDレシーバー:2.2kg、スピーカー:3.4kg(1台) 実用最大出力▶ 25W+25W(4Ω)

サイズ▶CDレシーバー:幅21.5cm×高さ9.6cm×奥行き29.5cm、スピーカー:幅14cm×高さ23.7cm×奥行き23.9cm
重量▶CDレシーバー:2.2kg、スピーカー:3.4kg(1台)
実用最大出力▶25W+25W(4Ω)

USBメモリー再生 ◎ 
USB DAC機能  ─ 
NAS再生 ─ 
ネット音楽配信 ─ 
対応CD音楽CD・CD-R/RW
ラジオAM・FM・ワイドFM
ハイレゾPCM 96/24
ブルートゥースSBC

1990年代、高級感あふれるデザインと、音のよさで人気を博したK'sシリーズの流れをくんだスタンダード機。CD再生機能を備えた本体に、2ウエイのスピーカーを加えたシンプルな構成で、音質志向を明確に打ち出す。

画像: ●外観は高級感あり アルミ材のフロントパネルに大型のボリュームノブを配置した高級感ある本体。

●外観は高級感あり
アルミ材のフロントパネルに大型のボリュームノブを配置した高級感ある本体。

画像: ●スピーカー端子は大型 バナナプラグ対応の大型スピーカー端子を採用。価格の割にしっかりした作り。

●スピーカー端子は大型
バナナプラグ対応の大型スピーカー端子を採用。価格の割にしっかりした作り。

ハイレゾ音源はUSBメモリーの再生のみ、ブルートゥース接続時のコーデックもSBCに限定されるなど、機能は必要最小限だが、単品コンポーネントを意識したデザインは、高級感がある。

CD再生は、やや軽量級だが、躍動感に富んだ生きのいいサウンド。贅肉のない引き締まった音像をクッキリと描き出し、アップテンポのリズムはキビキビとして、軽やかだ。

ハイレゾ音源を収めたUSBメモリー再生は、癖のない豊かな響きで、声のニュアンスも豊か。スムーズな空間の広がり、音離れのよさは、ハイレゾならではのもので、ピアノは空間の静けさ、質感の緻密さが特徴的。

ブルートゥース接続では、空間の広がりはコンパクトになり、微妙な声のニュアンスも感じにくくなるが、持ち前の明快さ、すがすがしさは健在。ピーク感がなく、肌合いのいいサウンドが耳にスッとしみ込む感じは悪くない。

情報量で聴かせるタイプではないが、明るく、開放的に楽しませるサウンドは、往年の同社コンポーネントに通じるもの。「K's」の称号は、だてではない。

再生音質採点&一言コメント

CD音質7
もう少し音の厚みが欲しいが、音楽の躍動感をすなおに表現する。
ハイレゾ音質8
音離れがよく、繊細。きめ細かなタッチは、ハイレゾ音源の醍醐味。
ブルートゥース音質6
SBCコーデックの影響か、音楽鑑賞用としては情報量が足りない。

この製品に向く音楽ジャンル

画像: ・ 再生音質採点&一言コメント ・

◆解説/藤原陽祐 (AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.