レコード用クリーナーにはいろいろなタイプがあるが、アイコールの「クリーンメイト」というクリーニングマシンをぜひおすすめしたい。レコード盤面を2種類のクリーナー液とクリーナーブラシで掃除し、液とホコリをアームで吸引。さらに別のアームで除電を行うという徹底ぶりがうれしい。

レコードの音溝のホコリをきれいに除去して、ベストなコンディションを保とう!

バキューム機構がポイント

デリケートな音溝を持つレコード盤の大敵は、パチパチノイズの原因となるチリやホコリだ。そのため盤面をきれいに保つクリーナーが必須である。

レコード用クリーナーにはいろいろなタイプがあるが、ぜひすすめたいのが、アイコールのクリーンメイト IQ1100Aというクリーニングマシンだ。

2種類の洗浄液と、汚れごと吸い取るバキューム機構を備え、最後に除電ブラシでホコリを取り除くという念の入れよう。きれいな盤面で、素晴らしい音質がよみがえる。

洗浄してホコリを吸い取り、仕上げに除電を行う

アイコール
クリーンメイト
実売価格例:9万9360円

画像: 盤面を2種類のクリーナー液とクリーナーブラシで掃除したあと、液とホコリをアームで吸引。さらに別のアームで除電を行うという徹底ぶりだ。

盤面を2種類のクリーナー液とクリーナーブラシで掃除したあと、液とホコリをアームで吸引。さらに別のアームで除電を行うという徹底ぶりだ。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

解説/林正儀(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.